記事一覧

現場改善の記事一覧

現場改善
2019/07/22
ロボットビジョンとは。画像認識で省人化と作業効率の向上を実現

画像処理によって産業用ロボットを助けるロボットビジョン。産業用ロボットをより有効に活用するために不可欠な技術です。ロボットビジョンを導入することで、「ティーチング」の時間や作業員への教育コストを抑えられます。今回は、ロボットビジョンの仕組みや従来の産業用ロボットとの違い、メリットを解説。

セル生産方式とは?ライン生産との違いやメリットを解説

生産品目の柔軟な変更に適しているセル生産方式は少品種大量生産から多品種少量生産へのシフトに対応できる生産方式です。セル生産方式の基礎知識を紹介するとともに、ライン生産方式と比較したメリットとデメリットや、近年注目を集めているダイナミックセル生産について解説します。

現場改善
2019/06/03
安全在庫とは?在庫管理を最適化して利益を上げる計算方法

在庫管理を行う際に知っておきたい考え方が、欠品を防ぐ最低限の在庫量、「安全在庫」です。生産管理を行ううえで、適切な在庫数を把握し、維持することは非常に重要になります。在庫が多いと、保持しておくためのスペース確保をはじめとした、管理コストが発生するのです。一方、在庫が少ないと欠品を引き起こし、販売機会の損失にもつながります。 今回は余剰在庫と欠品を回避するために欠かせない安全在庫の基礎知識と、計算方法を解説します。

生産管理のMRPとは?MRP2やERPへの変遷と取り組むときの注意点

今回は、生産管理システムの一種である「MRP」の基本的な知識とメリットを紹介します。生産性向上を実現するためには、資材管理や製造工程を見直すなど、生産管理を徹底することが第一歩になるからです。また、MRPから進化した「MRP2」や「ERP」についても解説するため、自社に適した管理システムを選択する参考にしてみてください。

現場改善
2019/05/13
リードタイム短縮が利益向上のカギ。納期短縮を実現するポイント

製造業の現場において、「リードタイム」は利益にや顧客満足度に直結する重要な指標です。今回は、製造業が陥りやすいリードタイムに関する課題をはじめ、短縮で得られるメリット、実現化するための方法を解説します。

現場改善
2019/05/07
ジャストインタイム生産方式を実現する方法。トヨタの「かんばん方式」との違い

ジャストインタイム生産方式(JIT生産方式とも)とは、「必要なときに、必要なものを、必要なだけ生産または調達する方法」のことです。今回は、ジャストインタイム生産方式の基礎知識を押さえながら、メリットや成立させるための前提条件を解説します。

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

工場の課題解決や生産性向上の取り組みを行う際、取り組むべき課題に目星を付ける「現状把握」が最も重要です。企業としては、悪影響を及ぼすすべての要因を解決したいかもしれませんが、限られた人員や時間の中で、最大限の効果を得るためには、やはり要因の見極めが肝心です。今回は、影響の大きい要因を発見するサポートをしてくれる「特性要因図」についてご紹介します。

製造業が働き方改革を行うメリットは?社会背景や自動化活用の事例

「働き方改革」とは、どのような社会背景のなかで推進されている改革なのでしょうか。具体的な取り組み内容を紹介するとともに、改革によって得られるメリットや成功事例について解説します。

現場改善
2019/04/08
生産性向上の専門家「生産技術職」に求められる役割や能力

製造業の企業で、生産性を向上する役割を担う職種が「生産技術職」です。企業によっては「生産技術職」という名称が無いケースもありますが、ほとんどの企業で「生産性向上」を目的とする職種が存在しています。今回は、生産技術職に求められる役割や能力の一端をご紹介します。

品質管理の4Mとは?変更管理の方法や5M+1や6Mとの違い

製造業では、製品の品質を守ることが、顧客満足度を高めます。製造ラインに問題が発生して品質に悪影響が出ないよう、さまざまな観点から管理する「品質管理」は非常に重要な仕事です。今回は、「品質管理」を行う上で押さえておくべき「4Mと変更管理」について解説します。