ロボットが
より身近な社会へ。

産業ロボットが生まれてはや半世紀。
ロボットは普段の生活でも、社会の中でも
より身近なものになりつつあります。
それは仕事の現場でも同じこと。
ロボットと共に素敵な未来を切り拓いていこう。

メールマガジン登録

ロボット導入の最新情報をお手元にお届け。ぜひご登録ください。

導入事例・資料ダウンロード

ロボット導入.comについて

ロボット導入.comは、みなさまの仕事で役に立つロボットの情報や、
導入までの手引き、導入コンサルティングの情報などを網羅したメディアです。
ロボット導入のメリットや、どのくらいお金や時間がかかるのか、
または工場でのロボット導入を検討されている方の手助けになれればと考えています。

まず知っておくべきことは?

ロボット導入のメリットや期待される効果など基礎知識をご紹介します。

詳細を見る

どうすれば導入できる?

ロボット導入を検討するときにチェックすべきポイントをご紹介します。

詳細を見る

もっと情報を知りたい!

ロボットに関する最新・お役立ち情報など様々な情報発信をしています。

詳細を見る

ロボット導入.comからのお知らせ

ロボット導入.comブログ

新着記事

消費者を起点とするデマンドチェーン。サプライチェーンとの違いも解説

消費者を起点とするデマンドチェーン。サプライチェーンとの違いも解説

デマンドチェーンとは、消費者の需要を軸に市場へアプローチをかける業務の連鎖です。製造業では、サプライチェーンだけでなく、需要に即して供給を最適化するためのデマンドチェーンを意識する必要があります。今回は、事業活動におけるデマンドチェーンの位置づけや、サプライチェーンとの違い、デマンドチェーンマネジメントの運営方法やその成功事例について解説していきます。

製造業が取り組むべきSDGsの重要性とは?事例も解説

製造業が取り組むべきSDGsの重要性とは?事例も解説

SDGsとは、持続可能でより良い世界を実現するための国際目標の総称です。国連サミットで設定されて以降世界中で注目を浴びるようになり、あらゆる業界で目標達成に向けた取り組みが進んでいます。今回は、SDGsの概要や重要性、製造業に焦点を当てた取り組み事例などを解説していきます。

バリューエンジニアリングとは?機能とコストとの関係で価値を最大化

バリューエンジニアリングとは?機能とコストとの関係で価値を最大化

バリューエンジニアリングとは、自社製品やサービスを顧客に利用し続けてもらうため、その価値を高める上で有効な体系的・組織的手法です。この手法をうまく運用できれば、ものづくりを営む事業にとって大きな武器になります。今回はバリューエンジニアリングについて、その定義や効果的な進め方、実践事例などをご紹介していきます。

カギはDXにあり。製造業におけるアフターコロナ

カギはDXにあり。製造業におけるアフターコロナ

アフターコロナとは、現在流行中の新型コロナウイルスによる脅威が過ぎ去るだけでなく、社会やビジネスがこれまでと姿形を変えるという意味を含めた言葉です。では、製造業におけるアフターコロナはどうなるのでしょうか。今回は、アフターコロナのカギとなるデジタルトランスフォーメーション(DX)を主軸に、未来の製造業のあり方や、有望なテクノロジーについて解説していきます。

パレタイズとは?荷積みの効率化が売上につながる

パレタイズとは?荷積みの効率化が売上につながる

パレタイズとは、パレットに荷物を積み付ける作業です。サプライチェーンでは荷物が移動する場面は頻繁に現れるため、パレタイズの効率性や質はモノの供給に少なからず影響します。今回は、パレタイズの重要性や、生産性や品質に関係する積み付けパターン、さらに産業用ロボットを活用したパレタイズの自動化について解説します。

ラピッドプロトタイピングで製品開発を成功させるには

ラピッドプロトタイピングで製品開発を成功させるには

ラピッドプロトタイピングとは、設計工程における開発技法のひとつです。試作モデルの作成を3Dテクノロジーを活用して迅速に行い、試作・テストのサイクルを高速化するのに役立ちます。今回は、ラピッドプロトタイピングの基礎知識やメリット、ラピッドプロトタイピングで製品開発を成功させるポイントなどを解説していきます。

ピックアップ記事

IoTの基礎知識と製造業での活用メリット・課題を徹底解説

IoTの基礎知識と製造業での活用メリット・課題を徹底解説

国内IoTの市場規模は右肩上がりに成長し、2023年には11兆7915円にも上ると予想されています。国内主要産業のうちIoTへの支出額が突出しているのが製造業です。今回はIoTの基礎知識から、期待が高まっている製造業でのIoT推進背景、活用メリット、課題までを徹底解説します。

コンカレント・エンジニアリングはなぜ実現可能なのか。事例とともに解説

コンカレント・エンジニアリングはなぜ実現可能なのか。事例とともに解説

コンカレント・エンジニアリングとは、企画・設計などの上流工程と、製造・試験などの下流工程を同時並行的に実施し、開発プロセスを可能な限り短縮化する手法です。初期段階での設計最適化や十分な品質保証、開発スピード向上に低コスト化など、成功すれば非常に質の高い製品開発を可能にします。本記事では必要な技術や考え方、メリット・デメリット、事例を解説します。

ポカヨケを徹底するためには?事例とともに解説

ポカヨケを徹底するためには?事例とともに解説

ポカヨケとは、製造ラインの工程内に設置し、作業者のミス(ポカ)を避ける(ヨケる)ための装置や仕組みです。製造現場にとって、ミスは顧客との信頼を壊すだけに留まらず、製品の性質によっては人命にかかわる事態を引き起こす可能性もあります。本記事では「ポカヨケ」について、事例を交えて解説します。

株式会社アウトソーシングテクノロジー プロダクトソリューション部

産業用ロボットの導入について、コンサルティングから実際の導入、保守・運用までを幅広くサポート。
工場の自動化、最適化、生産性向上などさまざまなニーズにお応えしています。

送信中です

ご入力内容を送信中です。
しばらくそのままでお待ちください。