メールマガジン登録

ロボット導入の最新情報をお手元にお届け。ぜひご登録ください。

導入事例・資料ダウンロード導入事例・資料ダウンロード

中小企業のロボット導入を全面サポート

中小企業のロボット導入を全面サポート
様々な生産現場において戦略立案から実装・運用まで支援
資料ダウンロードはこちら>

現場の声から判明、今求められている自動化の必要性

現場の声から判明、今求められている自動化の必要性
ロボット導入のための業務手順と必要なスキル
資料ダウンロードはこちら>

製造工程へのロボット導入で生産効率UP

製造工程へのロボット導入で生産効率UP
生産性を上げたい工場へロボットを導入し環境改善
資料ダウンロードはこちら>

ロボット導入.comについて

ロボット導入.comは、みなさまの仕事で役に立つロボットの情報や、
導入までの手引き、導入コンサルティングの情報などを網羅したメディアです。
ロボット導入のメリットや、どのくらいお金や時間がかかるのか、
または工場でのロボット導入を検討されている方の手助けになれればと考えています。

まず知っておくべきことは?

ロボット導入のメリットや期待される効果など基礎知識をご紹介します。

詳細を見る >
どうすれば導入できる?

ロボット導入を検討するときにチェックすべきポイントをご紹介します。

詳細を見る >
もっと情報を知りたい!

ロボットに関する最新・お役立ち情報など様々な情報発信をしています。

詳細を見る >

ロボット導入.comブログ

新着記事

産業用ロボットだけでは不十分。セットで必要な周辺機器5選

製造現場では、ロボットによる自動化環境の構築に周辺機器を整備しなければならないケースがほとんど。今回は、産業用ロボットを安全かつ効果的に運用するために必要な周辺機器や設備5つをご紹介します。

News&Topics
2019/11/27

ロボット導入.com、『ロボットアイデア甲子園!』にスポンサーとして協賛します!

ロボット導入.comは、『ロボットアイデア甲子園!』にスポンサーとして協賛します。『ロボットアイデア甲子園!』は、FA・ロボットシステムインテグレータ協会が主催する、高等学校・専門学校・高等専門学校に通う学生を対象とした大会です。

現場改善
2019/11/25

新QC7つ道具のひとつ、連関図法とは?活用して現場改善を徹底

品質管理と現場改善を定性的な現状分析から行うための「新QC7つ道具」から、連関図法をピックアップして解説します。どのような手法で、どのような分析に活用できるのか、実際に連関図法を進める手順などを網羅していきます。

現場改善
2019/11/18

機械の制御に欠かせない「PLC」とは?自動化システムで効率化を

工場では多くの機械・設備が作動しています。工場自動化の一助となっているのが、PLCという装置であることはみなさんご存知でしょうか。今回はPLCについて、定義やメリット、動かすための方法などを解説していきます。

安全性・教育
2019/11/11

リスクアセスメントと産業用ロボット。気をつけるべき点とは?

産業用ロボットに起因する問題を解決するための対策の一つとして、「リスクアセスメント」という考え方が存在します。この記事では「リスクアセスメント」の定義や実施手順、産業用ロボットやロボットSIerとの関係について解説します。

導入準備
2019/11/05

ロボットシステムインテグレーション導入プロセス標準・通称「RIPS」とは?

今回は新たなロボットシステムの導入プロセス標準「RIPS」の定義やメリット、そして発注者の「RIPS」への向き合い方について解説します。産業用ロボットの導入は、最近まで構築プロセスを管理する標準的な手法が存在していませんでした。これが一因でSIerと発注者との間で起こるトラブルが非常に問題視されていたのです。

ピックアップ記事

HACCPが2021年までに義務化!知っておきたい衛生管理のポイントとは?

HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point)とは、食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握したうえで、原材料の入荷から製品の出荷までの工程において危害要因を除去、もしくは低減させることを目的とした管理方法です。

パレート図は重要項目の抽出に効果的。図の見方や作り方まで徹底網羅

多くの品質不良の中から優先的に取り組むべき重要なものを選択するための方法が「パレート図」です。今回はパレート図の概要や品質管理に用いられている理由に加え、作り方や見方についても解説します。

新QC7つ道具とは?従来の7つ道具との違いや各道具を解説

品質管理には、集めたデータを効果的に活用するための方法が数多くあるのはご存知でしょうか。今回は品質管理におけるフレームワーク「QC7つ道具」と「新QC7つ道具」について解説します。