製造業界必須の知識、サプライチェーンマネジメントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サプライチェーンマネジメント

製造業界には、原材料から製品に加工され、流通・販売を経て消費者まで届くという一連の流れ「サプライチェーン」が存在します。すなわち製造業を営むというのは、サプライチェーンに参加するのと同義です。

今回は、サプライチェーンに関する業務プロセスを最適化する経営手法「サプライチェーンマネジメント」について解説し、導入のメリットや課題、企業の導入事例などをご紹介します。

サプライチェーンマネジメントとは

サプライチェーンマネジメントとは

サプライチェーンマネジメント(SCM)とは、原材料の調達から製造、流通、販売までの流れをひとつの連鎖(サプライチェーン)とみなし、業務プロセスを最適化するマネジメント手法です。

サプライチェーンは、供給業者から消費者へ向けてモノが流れるだけでなく、消費者から供給業者へ向けてお金や需要情報が遡るという双方向型の特徴があります。

そのため、各企業は「いつ」「何を」「どこで」「どれだけの量を」「調達するか」「製造するか」「届けるか」を、需要予測に基づき、生産・物流・在庫を管理しながらオペレーションしていくのが理想です。

サプライチェーンマネジメントは、その理想を実現するために行うPDCAサイクルを総称しており、企業によってさまざまなアプローチがあります。

アプローチの例としては、ITソリューションの導入による情報管理や、トヨタのかんばん方式のような独自の工夫が挙げられます。

関連記事:ジャストインタイム生産方式を実現する方法。トヨタの「かんばん方式」との違い

IoTを活用したサプライチェーンマネジメントも

サプライチェーンマネジメントは、各業務プロセス間の情報共有が必要となるため、「IoT(モノのインターネット)」の通信技術と相性が良いとされています。

例えば、RFIDや電子レシートで大量かつ高速に収集した製品完成情報と、リアルタイムに変化する集荷・配送車両状態や位置情報が組み合わされば、的確な車両割り当てや配送指示を出すことが可能です。

現状では、経済産業省やITソリューションパッケージを提供する企業が官民連携を組み、IoTを通じてサプライチェーンマネジメントをさらにスマート化する取り組みが行われています。

参考:「IoT等を活用したサプライチェーンのスマート化」経済産業省
関連記事:RFIDが製造業にもたらすメリットとは?

サプライチェーンが滞るとどうなるか

サプライチェーンの構造は、メーカーや輸送業者、小売業者など複数の企業が携わる水平分業型です。そのため、一部の企業に業務の滞りがあると、全体の事業が想定通りにいかなくなる「サプライチェーンリスク」が存在します。

業務の滞りになる原因は、地震や津波による被災や、情報セキュリティ事故などさまざまです。各々の企業はリスクマネジメントやBCP(事業継続計画)などの対策で、サプライチェーンリスクを回避しなければなりません。

関連記事:製造業におけるBCPの重要性を解説。非常事態にどうするべきなのか

サプライチェーンマネジメントとERPの違い

ツールとしてのサプライチェーンマネジメントとよく混同されやすいのが、「ERP」です。ERP(Enterprise Resource Planning=企業資源計画)とは、企業資源を最大限活用して、合理的な経営を進めるための取り組みです。

近年におけるERPは、部署ごとに分断されていた基幹系システムを統合する「統合基幹業務システム」というソフトウェアパッケージを指します。

これを踏まえてサプライチェーンマネジメントとERPの違いを簡潔に表すと、以下のようになります。

  • サプライチェーンマネジメント:企業内外を問わずサプライチェーン全体を最適化するツール
  • ERP:自企業内の購買や生産、配送、販売、決済などを効率的に一元化するツール

ERPは製造業界以外の企業も採用しますが、サプライチェーンマネジメントを含んだ製造業向けERPを展開するサービスも存在するため、自社が必要とするパッケージを適切に判断することが大切です。

参考:「ERP/SCMとは」株式会社日立ソリューションズ

サプライチェーンマネジメント導入のメリットと課題

サプライチェーンマネジメント導入のメリットと課題

今回は、ITソリューションとしてのサプライチェーンマネジメント(以下「SCMシステム」)導入による3つのメリットや、導入に際して認識しておくべき課題について解説します。

メリット1:過剰在庫の回避

SCMシステムの一環である需要予測と在庫管理の組み合わせは、適正在庫の見える化と仕入れ量の最適化をもたらします。

結果として過剰在庫を回避でき、無駄な保管費用の支払いや資金繰り(キャッシュフロー)の悪化といった経営上のリスクの回避につながります。

関連記事:過剰在庫で倒産の危機?リスクと解決方法を解説

メリット2:経営リソース投入の最適化

営業部門が市場からの需要をキャッチし、SCMシステムにより最適な販売計画を立てることで、それに合わせた生産計画も最適化されます。

なおかつSCMシステムによる一元的な情報管理によって、人手や経費といった経営リソースを、必要な場所に投入できるようになります。

メリット3:需要変動への対応

上記2つのメリットである在庫と投入リソースの最適化は、需要変動に振り回されない機敏な対応を可能にします。

近年は顧客ニーズ変化の早まりや、製品ライフサイクルの短期化が見られるため、SCMシステム導入によって将来的な企業の生存力を高めることが期待されます。

参考:「2016年版製造基盤白書(ものづくり白書)」経済産業省

SCMシステム導入に対する課題

SCMシステム導入の際は、コスト面が最初の課題です。場合によっては数千万単位の導入費がかかります。

次にSCMシステムを導入した後は、自社だけでなくサプライチェーンの関係者が持つ情報を一元管理しなければなりません。

また、SCMシステムで得られる情報をもとに、製造ラインを見直したり、新製品を投入するといった意思決定を適切に行える体制を整備する必要もあります。

こうした課題には、導入コストが比較的安いクラウド型システムの採用や、組織内における意思決定・情報伝達プロセスの整備をすることで、対応していきましょう。

サプライチェーンマネジメントの導入例

サプライチェーンマネジメントの事例

実際に企業がどのようにサプライチェーンマネジメントを導入しているのか、以下3社を例に見てみましょう。

株式会社LIXIL

設備・住宅の総合メーカーである株式会社LIXILは、サプライチェーンマネジメントとして、統合BOM(部品表)システムや、サプライチェーン計画連携の高速化ソフトウェアを導入するアプローチを採用しました。

結果として、受注時のリアルタイムBOM生成や、計画連携による迅速な事前調整が可能になることで、生産リードタイムを大幅短縮し、欠品による機会損失の削減にも成功しています。

参考:「事業の急激な変化やM&Aに迅速かつ低コストで対応するため、グループ横断の統合生産システムを構築」株式会社エクサ(日本IBM&JFEグループ)
関連記事:部品表(BOM)は生産管理の要。目的で変わる種類や管理方法の違い

株式会社ELECOM

オフィス用品や情報機器メーカーである株式会社ELECOMは、会社の成長とともに製品数が増え、業務のシステム化が急務になったことで、需要予測・需要計画ソリューションを導入しました。

その結果、システム化による提案値や過去実績の詳細な見える化によって、調達業務の工数削減や自動発注を実現するための土台づくりを実現しています。

参考:「事業戦略の要となる調達業務をユーザビリティも重視してシステム化。業務の工数削減と精度向上を実現した。」キヤノンITソリューションズ株式会社

花王株式会社

花王株式会社は、一般的な流通チャネルと異なり、卸店を経由せずに小売店へ直接商品を届ける独自の仕組みを持っています。この仕組みは、同社ロジスティクス部門がサプライチェーンマネジメントの方法論や運用技術を開発・構築することで成り立っています。

需要に応じた各拠点の在庫最適化や、効率的な商品の輸送計画や指示によって、受注から24時間以内に納品できる体制を実現している点が花王の強みです。

参考:「ロジスティクス」花王株式会社

市場に合わせたサプライチェーンマネジメントを

サプライチェーンマネジメントは、常に特定のやり方を指す手法ではありません。その本質は、消費者の行動や市場動向に合わせ、売れる製品を売れる量だけ製造する「需給最適化」の実現です。

現在はニーズが多様化する多品種少量生産時代への過渡期にあり、サプライチェーンマネジメントの重要性にさらに注目が集まっています。

それと平行して、トレーサビリティやセキュリティに優れた「ブロックチェーン技術」が、サプライチェーンマネジメントの中で企業同士がスムーズに情報共有を行う上で役立つと話題です。

参考:「ブロックチェーンが与えるサプライチェーンマネジメントへのインパクト」NTTデータ

サプライチェーンマネジメントの技術的進歩に着目しつつ、需給最適化を目指した経営に取り組んでいきましょう。

関連記事:エンジニアリングチェーンで製造業を変革する。サプライチェーンとの関係は?

関連記事 (現場改善)

記事一覧へ

ロボット導入を検討している方 必見!お役立ち資料 無料ダウンロードはこちら

PC・スマホのその次へ Motto AR あなたのチカラに、もっとAR

工場の課題解決の専門家 まずはロボットSlerにご相談ください

ロボット導入.comメールマガジン

ロボット導入最新情報を、お手元にお届け。無料でお読みいただけますので、ぜひご登録ください。

株式会社アウトソーシングテクノロジー プロダクトソリューション部

産業用ロボットの導入について、コンサルティングから実際の導入、保守・運用までを幅広くサポート。
工場の自動化、最適化、生産性向上などさまざまなニーズにお応えしています。

送信中です

ご入力内容を送信中です。
しばらくそのままでお待ちください。