人気記事

会社が遵守すべき「労働安全衛生法」とは?わかりやすく説明

労働者を守る仕組みのひとつが「労働安全衛生法」です。この法律には、会社による健全な作業環境の提供と労働者を守ることが定められており、働いている全員が必ず遵守しなければなりません。事業者は労働安全衛生法を正しく理解しておく必要があります。今回は、労働安全衛生法についてわかりやすく解説します。

産業用ロボットの作業には資格が必須。特別教育の講座内容も解説

産業用ロボットを取り扱う場合、十分な知識や技術を習得したことを証明する資格の取得が法律で義務付けられています。では、資格はどのようなステップを踏めば取得することができるのでしょうか。今回は、産業用ロボットにまつわる資格についてご紹介します。

品質管理の4Mとは?変更管理の方法や5M+1や6Mとの違い

製造業では、製品の品質を守ることが、顧客満足度を高めます。製造ラインに問題が発生して品質に悪影響が出ないよう、さまざまな観点から管理する「品質管理」は非常に重要な仕事です。今回は、「品質管理」を行う上で押さえておくべき「4Mと変更管理」について解説します。

市場規模は2035年までに5倍に。産業用ロボット業界の成長見込み

現在、国内外で注目を浴びている産業用ロボット。産業用ロボットによる作業自動化の波は、日本だけでなく世界でも広がっています。産業用ロボットの世界販売台数は、2011年から2016年にかけて毎年平均14%ずつ増加しているとの報告も。今回の記事では、国内や海外の産業用ロボット業界の動向やこれからの成長性、期待が寄せられているロボットの種類などを解説します。

産業用ロボットとは?主な5種類や事例、他のロボットとの違いを解説

現在、個人が自動掃除ロボットを購入できるようになるなど、目覚ましいスピードでロボットの普及が進んでいます。また、個人使用だけでなく、法人が使用するロボットの普及も進んでいます。今回は、法人が使用するロボットの中の一つ、産業用ロボットについて解説します。

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

工場の課題解決や生産性向上の取り組みを行う際、取り組むべき課題に目星を付ける「現状把握」が最も重要です。企業としては、悪影響を及ぼすすべての要因を解決したいかもしれませんが、限られた人員や時間の中で、最大限の効果を得るためには、やはり要因の見極めが肝心です。今回は、影響の大きい要因を発見するサポートをしてくれる「特性要因図」についてご紹介します。

【資格取得が必須】産業用ロボットの主なティーチング方法4選

し産業用ロボットを動かすためには、ロボットがどのように動くかプログラミングを施す「ティーチング」と呼ばれる作業が必須です。ティーチングにかかるコストや人件費は、産業用ロボットを導入する上で見逃せません。今回は、産業用ロボットを稼働させるうえで欠かせない「ティーチング」にスポットを当てて解説します。

スマートファクトリーとは?メリット・デメリットを事例と一緒に解説

工場内の機械とインターネットを接続し、可視化や最適化することを、「スマートファクトリー」と呼び、注目を集めています。製造業界は、IT化と相性がよい産業用ロボットや自動専用機(装置)の普及が進んでおり、ITによる効率化の恩恵を受けやすい業界です。今回は、製造業界でスマートファクトリーが流行した理由だけでなく、メリットやデメリットもご紹介します。

ロボット開発に不可欠なオープンソースソフトウェア『ROS』とは

工場の自動化を助ける産業用ロボット。産業用ロボットを動かすためには、「ティーチング」という教示作業が必要です。ティーチングでは「ロボットの動き方」を設定していますが、そもそもロボットが動くためのシステムも搭載されていなければ、動き方すら設定できません。そのロボット用の代表的なシステムが「ROS」です。産業用ロボットがどのような仕組みで動いているのか、システムの視点から簡単にご説明します。

製造業が直面する2つの課題。ものづくり産業が再起するための解決策

日本のものづくり産業は、以前とは異なり衰退を見せつつあります。その背景には、低コストを可能にする新興国の台頭、日本国内の労働力人口の減少をはじめとしたさまざまな課題がありました。それらの課題を解決するための方法はあるのか。今回は危機を迎えつつある日本のものづくり産業に注目し、その課題や解決策について解説します。