2019/02/08

AI活用がカギ!?プログラミング不要のロボットが登場

FUJIとALBERTは2018年12月13日、AI(人工知能)、ディープラーニング技術を活用し、ティーチングやプログラミングを必要としない多関節ロボットを共同開発したと発表した。

共同開発の第1段階としてFUJIの多関節ロボットである「SmartWing」の部品認識機能にAI、ディープラーニング技術を活用した学習済みモデルを搭載し、初めて見る部品であってもAIで自動認識し、プログラミングなしで部品認識ができるようにした。これによりSmartWingのティーチングフリー技術と合わせ、SmartWingの立ち上げ時間の短縮、柔軟な製造品種変更が可能になった。


MONOist「AIを活用しプログラミング不要の多関節ロボットを共同開発https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1812/14/news066.html



産業用ロボットの活用領域が拡大する一方で、扱う部品の形状の認識や、その動作のためのプログラミングの複雑化が導入の障壁となっていました。
今回の取り組みは、「AI(人工知能)を活用することによってもっと導入しやすくしよう」というもの。
AIを活用した学習済みモデルを搭載したことで、立ち上げ時間の短縮と部品の品種変更への柔軟な対応が可能となりました。AIにより部品の認識率の高まったことにより、部品の姿勢に応じた正確なピッキングが可能になり、撮像環境の変化の影響も受けにくくなるなど、さまざまな環境下でロボットを活用できるとのことです。


編集:ロボット導入.com ブログ編集部 NM

関連記事

News&Topics
2019/02/08

AI活用がカギ!?プログラミング不要のロボットが登場

産業用ロボットの活用領域が拡大する一方で、扱う部品の形状の認識や、その動作のためのプログラミングの複雑化が導入の障壁となっていました。今回の取り組みは、「AI(人工知能)を活用することによってもっと導入しやすくしよう」というもの。AIを活用した学習済みモデルを搭載したことで、立ち上げ時間の短縮と部品の品種変更への柔軟な対応が可能となりました。AIにより部品の認識率の高まったことにより、部品の姿勢に応じた正確なピッキングが可能になり、撮像環境の変化の影響も受けにくくなるなど、さまざまな環境下でロボットを活用できるとのことです。

News&Topics
2019/02/01

新たにサービス分野へのロボット普及が進み、将来市場予測が飛躍的に拡大!

現在、ロボット市場を形成している主な分野である製造分野。従来型産業用ロボットに加え、今後は次世代型産業用ロボットの普及も進むとみられます。また、新しい分野への市場形成もみられ、将来市場は2035年には9.7兆円まで拡大すると予測されています。

News&Topics
2019/01/25

産業用ロボット市場、さらなる需要拡大が期待される!

時代は手作業から自動化へと変化を遂げ、産業用ロボット市場は飛躍的な成長ぶりをみせています。なかでも、製造業界のロボット導入は年々安定して伸びており、2025年には単純作業の大部分の自動化が進むのではないかと思われます。

footer_pattern.png

お問い合わせ

産業用ロボットの導入、工場の自動化・最適化に関するご相談・ご質問等はこちらよりお問い合わせください。*必須項目