記事一覧

Newstopicsの記事一覧

News&Topics
2019/06/05
【6月19日~6月21日開催】「西日本製造技術イノベーション2019」をご紹介!

今回は、6月19日(水)から開催される「西日本製造技術イノベーション2019」をご紹介します。「西日本製造技術イノベーション2019」は北九州を中心とした北部九州・山口地域企業の最先端の生産開発拠点化と事業活性化に助力する製造業向け総合展です。

News&Topics
2019/05/30
24時間稼働が実現⁉ロボット同士の息の合った連携で検査工程がスムーズに

ご紹介するのは、2台の自律ロボットの協働と、ワイアレス給電を使った自動化についての記事です。 内容は、搬送ロボットが検品を双腕ロボットのもとへと運び、双腕ロボットによる検査が終わった検品を、再び搬送ロボットが元の位置に戻すというもの。

News&Topics
2019/05/23
【6月6日~6月7日開催】「第3回 産業用ロボット開発技術展」をご紹介!

今回は、6月6日(木)から開催される「第3回 産業用ロボット開発技術展」をご紹介します。「第3回 産業用ロボット開発技術展」は、ロボット展示をはじめ、ロボット開発に必要な要素・IT技術など一堂に出展するロボット専門の開発技術展です。

News&Topics
2019/05/22
【6月5日~6月7日開催】「スマートファクトリーJapan2019」をご紹介!

今回は、6月5日(水)から開催される「スマートファクトリーJapan2019」をご紹介します。「スマートファクトリーJapan2019」はスマートファクトリーに欠かせない情報管理システム、製造設備・装置、生産工場に関する技術・製品の展示会です。

News&Topics
2019/05/08
【6月・7月のイベント特集】産業用ロボットが出展されるイベントを一挙ご紹介!

ロボット市場の拡大にあわせ、全国各地でロボットに関連するイベントが開催されるようになってきました。今回は6・7月に開催されるイベントをご紹介します。イベント内では、最先端技術に触れられるほか、その場で疑問点の解決ができるので導入を検討している方、業界の動向を知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

News&Topics
2019/04/25
【5月16日~5月18日開催】「第57回 機械工業見本市 MEX金沢」をご紹介!

今回は、5月16日(木)から開催される「第57回 機械工業見本市 MEX金沢2019」をご紹介します。「MEX金沢2019」は、金属工作・加工機械、電機・電子関連機器の流通促進と技術交流をはかる展示会です。

News&Topics
2019/04/05
【4月17日~4月19日開催】「INDUSTRY-FRONTIER 2019 第1回AIとロボティクス産業展」をご紹介!

今回は、4月17日(水)から開催される「INDUSTRY-FRONTIER 2019 第1回AIとロボティクス産業展」をご紹介します。 「AIとロボティクス産業展」は、近年問題視されている労働人口の減少、人手不足の解決策として注目されている省人・省力化や業務効率化といった最先端技術を集めたイベントです。

News&Topics
2019/04/05
【4月17日~4月19日開催】「TECHNO-FRONTIER2019 第12回メカトロニクス技術展」をご紹介!

今回は、4月17日(水)から開催される 「TECHNO-FRONTIER 2019 第12回メカトロニクス技術展」をご紹介します。 「メカトロニクス技術展」は、電機・電子機器、自動車や産業機械などの製造分野を主としたあらゆる分野の“自律・自動化”を実現可能とする、最新テクノロジーが集まる専門技術展です。

News&Topics
2019/02/26
【4月・5月のイベント特集】産業用ロボットが出展されるイベントを一挙ご紹介!

拡大の一途を辿るロボット市場。市場の拡大にあわせ、全国各地で様々なイベントが開催されるようになってきました。イベント内では、最先端技術に触れられるほか、ロボットが実際に動いているのを見ることができるので、導入を検討している方、業界の動向を知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

News&Topics
2019/02/08
AI活用がカギ!?プログラミング不要のロボットが登場

産業用ロボットの活用領域が拡大する一方で、扱う部品の形状の認識や、その動作のためのプログラミングの複雑化が導入の障壁となっていました。今回の取り組みは、「AI(人工知能)を活用することによってもっと導入しやすくしよう」というもの。AIを活用した学習済みモデルを搭載したことで、立ち上げ時間の短縮と部品の品種変更への柔軟な対応が可能となりました。AIにより部品の認識率の高まったことにより、部品の姿勢に応じた正確なピッキングが可能になり、撮像環境の変化の影響も受けにくくなるなど、さまざまな環境下でロボットを活用できるとのことです。