ロボット導入.comブログ

ロボットに関する最新・お役立ち情報など、様々な情報発信をしています。

現場改善の記事一覧

製造業におけるウィズコロナ時代の生存戦略とは?

製造業におけるウィズコロナ時代の生存戦略とは?

現在は新型コロナウイルス感染症の流行とともにある社会、通称「ウィズコロナ時代」の最中にあります。では、製造業においてはどのような生存戦略が考えられるでしょうか。今回は、ウィズコロナ時代における製造業の現況から、感染対策やサプライチェーンリスクの回避方法といった事業継続に必要な戦略を解説していきます。

製造業でのテレワークは不可能なのか?新たなテクノロジーを用いた活路を紹介

製造業でのテレワークは不可能なのか?新たなテクノロジーを用いた活路を紹介

新型コロナウイルス対策のため、業務をテレワークへ移行する企業が以前より増加しました。しかし、製造業界ではテレワーク化できない現場作業が多く、工場の休止・閉鎖を余儀なくされる企業が続出しています。今回は、製造業でのテレワーク導入に立ちはだかる課題や、その解決策をテクノロジー、制度面からそれぞれ解説します。

製造業界必須の知識、サプライチェーンマネジメントとは?

製造業界必須の知識、サプライチェーンマネジメントとは?

製造業界には、原材料から製品に加工され、流通・販売を経て消費者まで届くという一連の流れ「サプライチェーン」が存在します。今回は、サプライチェーンに関する業務プロセスを最適化する経営手法「サプライチェーンマネジメント」について解説し、導入のメリットや課題、企業の導入事例などをご紹介します。

エンジニアリングチェーンで製造業を変革する。サプライチェーンとの関係は?

エンジニアリングチェーンで製造業を変革する。サプライチェーンとの関係は?

エンジニアリングチェーンとは、製造プロセス内の設計部門を中心とした業務プロセスです。今後デジタル化が進む製造業において、設計開発はより重要な業務となります。今回は、エンジニアリングチェーンについて、デジタル化との関係やエンジニアリングチェーンの強化に必要なアプローチとともに解説します。

IoTの基礎知識と製造業での活用メリット・課題を徹底解説

IoTの基礎知識と製造業での活用メリット・課題を徹底解説

国内IoTの市場規模は右肩上がりに成長し、2023年には11兆7915円にも上ると予想されています。国内主要産業のうちIoTへの支出額が突出しているのが製造業です。今回はIoTの基礎知識から、期待が高まっている製造業でのIoT推進背景、活用メリット、課題までを徹底解説します。

ポカヨケを徹底するためには?事例とともに解説

ポカヨケを徹底するためには?事例とともに解説

ポカヨケとは、製造ラインの工程内に設置し、作業者のミス(ポカ)を避ける(ヨケる)ための装置や仕組みです。製造現場にとって、ミスは顧客との信頼を壊すだけに留まらず、製品の性質によっては人命にかかわる事態を引き起こす可能性もあります。本記事では「ポカヨケ」について、事例を交えて解説します。

ライセンス生産とは?OEMやノックダウン方式との違いも解説

ライセンス生産とは?OEMやノックダウン方式との違いも解説

ライセンス生産とは、製品を開発・製造している企業が持つ知的財産権を、別の企業がライセンス契約を結ぶことで、同じ仕様の製品を生産する方式です。今回は、ライセンス生産の基本情報や「OEM」「ノックダウン方式」などの類似する方式との違い、導入事例をご紹介します。

マスカスタマイゼーションで多品種少量生産を効率化

マスカスタマイゼーションで多品種少量生産を効率化

近年、製造業界では製造者視点から利用者視点の製品に需要がシフトし、多品種少量生産が主流になりつつあります。そんな中、注目が集まっているのは、マスプロダクションとカスタマイゼーションを組み合わせた「マスカスタマイゼーション」です。今回は、基本的な情報から必要な技術、実際の導入事例まで解説していきます。

人気記事

マシニングセンタ(MC)とは?NC工作機械との違いや効果的な活用方法

マシニングセンタ(MC)とは?NC工作機械との違いや効果的な活用方法

近年、需要が高まっている産業用ロボット。中でもマシニングセンタは複雑な加工でも手間をかけずに一台で済ませることができ、業務効率の改善、人件費の削減が見込めます。今回は、マシニングセンタがNC工作機械と異なる点や、種類と構造、導入するメリットなどを紹介。

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

工場の課題解決や生産性向上の取り組みを行う際、取り組むべき課題に目星を付ける「現状把握」が最も重要です。企業としては、悪影響を及ぼすすべての要因を解決したいかもしれませんが、限られた人員や時間の中で、最大限の効果を得るためには、やはり要因の見極めが肝心です。今回は、影響の大きい要因を発見するサポートをしてくれる「特性要因図」についてご紹介します。

人気記事一覧へ

株式会社アウトソーシングテクノロジー プロダクトソリューション部

産業用ロボットの導入について、コンサルティングから実際の導入、保守・運用までを幅広くサポート。
工場の自動化、最適化、生産性向上などさまざまなニーズにお応えしています。

送信中です

ご入力内容を送信中です。
しばらくそのままでお待ちください。