記事一覧

最新情報の記事一覧

ロボット普及と失業率は比例しない。業務整理と従業員教育が課題に

産業用ロボットを導入すると、現場で働く従業員の中には、「自分の仕事が取って代わられるのではないか」と不安を覚える人もいるかもしれません。しかし、産業用ロボットが普及することで、失業率は本当に上昇するのでしょうか。海外の最新データなどを参考にしながら、ロボット導入と失業リスクの関係について解説します。

「ロボット新戦略」を徹底解説。ロボット大国・日本のこれから

日本では、以前より少子高齢化に伴う労働人口の減少が問題視されています。その解決策として、製造業を中心に産業用ロボットの活用が進んできました。ロボットを普及をより推進すべく、経済産業省は「ロボット新戦略」を公表。今回は、この「ロボット新戦略」について、解説します。

急成長する産業用ロボット市場。中国が「世界の工場」と呼ばれるワケ

近年、他国のロボット市場は、日本の成長速度を遥かに上回る勢いで成長しています。中でも、中国は「世界の工場」と呼ばれるほど、注目が集まっています。中国の産業用ロボット市場の現状やIoT・AI化事情、国内メーカーが中国市場に参入する方法についてご紹介します。

化粧品市場にも進出する産業用ロボット。業界の課題と普及への道

産業用ロボットの導入により、作業効率化や人件費のスリム化を実現している企業が増加しています。一方で、これまで人の手で行っていた作業をロボットに代替させることが難しく、導入がなかなか進まない分野が残っていることも事実です。産業用ロボットの導入がひとつの課題となっている化粧品市場に注目し、化粧品市場の現状と産業用ロボット導入の事例をご紹介します。

産業用ロボットは食品業界で活躍できる?普及への課題と導入事例

近年、深刻な社会問題として挙げられている、労働人口減少への対応策として、産業用ロボットの導入を検討する企業が増加しています。しかし数ある業界の中でも、食品や医薬品、化粧品の生産において、産業用ロボットの導入が遅れていることはご存知でしょうか。今回はその中でも「食品業界」に注目し、産業用ロボットの導入に関する課題や導入のメリット、参考となる事例にご紹介します。

市場規模は2035年までに5倍に。産業用ロボット業界の成長見込み

現在、国内外で注目を浴びている産業用ロボット。産業用ロボットによる作業自動化の波は、日本だけでなく世界でも広がっています。産業用ロボットの世界販売台数は、2011年から2016年にかけて毎年平均14%ずつ増加しているとの報告も。今回の記事では、国内や海外の産業用ロボット業界の動向やこれからの成長性、期待が寄せられているロボットの種類などを解説します。

上手に活用して競争優位を確立する。産業用ロボットの最新技術

産業用ロボットロボットメーカーの開発競争が激化し、最新ロボットの性能が飛躍的に向上しているなか、現在はどのような最新技術が搭載されるようになったのでしょうか。今回は、産業用ロボットの最新技術と、その技術がもたらすメリットについてご紹介します。

生活や仕事への影響は?ロボットが未来で果たす役割とは

ロボットがこれほど必要とされている理由は、日本社会が抱える「人口減少」や「超高齢社会」といった課題が深刻化しているからです。その解決策としてロボットに大きな期待が寄せられています。ロボットはこれからの社会でどんな役割を果たすのでしょうか。今回は、近い未来に期待されているロボットの効果を解説します。

スマートファクトリーとは?メリット・デメリットを事例と一緒に解説

工場内の機械とインターネットを接続し、可視化や最適化することを、「スマートファクトリー」と呼び、注目を集めています。製造業界は、IT化と相性がよい産業用ロボットや自動専用機(装置)の普及が進んでおり、ITによる効率化の恩恵を受けやすい業界です。今回は、製造業界でスマートファクトリーが流行した理由だけでなく、メリットやデメリットもご紹介します。

ティーチングレスを実現。産業用ロボットにAIを搭載するメリット

これまで産業用ロボットを導入するためには、広い導入スペースを用意し、ロボットが効果を発揮するための大掛かりなシステムを構築する必要がありました。しかし技術の進化とともに、産業用ロボットは小型化やIoT化(※)が進み、さらにAI(人工知能)も搭載されるなど性能が上昇し、導入もしやすくなりました。本記事では、産業用ロボットにAIが搭載されるようになった背景と、どのようなメリットがあるのかをご紹介します。

footer_pattern.png

お問い合わせ

産業用ロボットの導入、工場の自動化・最適化に関するご相談・ご質問等はこちらよりお問い合わせください。*必須項目