記事一覧

導入準備の記事一覧

産業用ロボットを利用する時の安全基準。「労働安全衛生規則」を解説

ひとつの目標に向かって共に働いている従業員たちも、一人ひとり考え方や行動は異なります。作業手順が決まっていなければ、担当者の考え方や経験次第で手順が変わってしまいます。『労働安全衛生規則』には、産業用ロボットを利用するときのルールが定められています。今回は、産業用ロボットを利用する際に必ず理解しておかなければならない『労働安全衛生規則』について解説します。

産業用ロボットを導入する時に知っておくべき法律や規則の全知識

現場で働く労働者の健康を守りつつ高い生産性を発揮するために、産業用ロボットの導入や使用には、さまざまな法律や規則が定められています。今回は、産業用ロボットの導入を検討している人が知っておくべき法律や規則などのルールをご紹介します。

会社が遵守すべき「労働安全衛生法」とは?わかりやすく説明

労働者を守る仕組みのひとつが「労働安全衛生法」です。この法律には、会社による健全な作業環境の提供と労働者を守ることが定められており、働いている全員が必ず遵守しなければなりません。事業者は労働安全衛生法を正しく理解しておく必要があります。今回は、労働安全衛生法についてわかりやすく解説します。

中小企業のロボット導入が可能になった背景や事例をわかりやすく解説

中小企業は、金銭的コストなどの面から、実際にロボットを導入するのは難しいのでは?と考えている方もいるかもしれません。現在は、ロボットの低価格化や補助金制度の整備が進み、以前よりも中小企業がロボットを導入しやすくなっているのです。今回は、中小企業でも産業用ロボットを導入しやすくなった要因である「低価格化」や「補助金制度」を解説した上で、実際の導入事例をご紹介します。

ロボットシステムインテグレータとは?導入プロセスや補助金を紹介

産業用ロボットを導入する多くの企業は、ロボット導入の専門家「ロボットシステムインテグレータ」にサポートを受けています。今回は、ロボットシステムインテグレータの具体的なサポート内容、良い企業を選ぶポイント、ロボット導入時の補助金制度について、ご紹介します。

産業用ロボットの作業には資格が必須。特別教育の講座内容も解説

産業用ロボットを取り扱う場合、十分な知識や技術を習得したことを証明する資格の取得が法律で義務付けられています。では、資格はどのようなステップを踏めば取得することができるのでしょうか。今回は、産業用ロボットにまつわる資格についてご紹介します。

ロボット導入に立ちはだかる『100点の壁』

ロボット導入のご相談をお伺いした際に、他企業から「ロボットで対応するのは難しい」と言われたとお聞きするケースがあります。いったいどうしてなのか?それには、『100点の壁』と呼ばれるものがあるからなのです。今回は、そのロボット導入に立ちはだかる『100点の壁』についてご紹介します。

常に安全への配慮を。産業用ロボットの業務に特別教育が必要な理由

ロボットによる事故被害を防ぐため、工場は一定の安全基準を満たさなければ産業用ロボットを導入できません。工場がロボットを導入するためには、定められた安全対策を施したり、ロボットを扱うための特別教育を受けたりする必要があります。今回は、産業用ロボットの危険性と、その危険を回避するために知っておくべきことをご紹介します。

利用期間が判断基準。ロボットリースとレンタルそれぞれのメリット

ロボットを導入する方法は、ロボットを「購入する」だけではありません。産業用ロボットの「リース」や「レンタル」を活用することで、コストを抑えながら導入を実現できます。今回は、ロボット導入にリースとレンタルを活用するメリットをご紹介します。それぞれの特徴を理解して、自社に最も適切な導入方法を選びましょう。

自動化システムを導入する前に。産業用ロボットの定義と流行の背景を知ろう

産業用ロボットは、人材不足や作業熟練度の差による品質のバラ付きなど、製造業界が抱える課題を包括的に解決してくれる手段として、以前から注目が集まっていました。しかし、2013年以前は大きな成長はなく、広く普及するには至っていませんでした。現在、産業用ロボットの需要が増えているのは何故でしょうか。今回は、産業用ロボットの定義から振り返りつつ、需要が拡大した背景をご紹介します。

footer_pattern.png

お問い合わせ

産業用ロボットの導入、工場の自動化・最適化に関するご相談・ご質問等はこちらよりお問い合わせください。*必須項目