ロボット導入.comブログ

ロボットに関する最新・お役立ち情報など、様々な情報発信をしています。

導入事例の記事一覧

製造実行システム・MESとは?導入のメリットや事例、ERPとの違い

製造実行システム・MESとは?導入のメリットや事例、ERPとの違い

製造工程の把握や管理、作業者への指示や支援などを行うMES」。生産管理システムの導入など、デジタル化に移行してもあまり効果が見られない、といった悩みを解決する情報システムです。 今回は、MESの機能や、混同しがちなシステムERPとの違いを含め、そのメリットや事例を紹介します。

ロボット開発に不可欠なオープンソースソフトウェア『ROS』とは

ロボット開発に不可欠なオープンソースソフトウェア『ROS』とは

工場の自動化を助ける産業用ロボット。産業用ロボットを動かすためには、「ティーチング」という教示作業が必要です。ティーチングでは「ロボットの動き方」を設定していますが、そもそもロボットが動くためのシステムも搭載されていなければ、動き方すら設定できません。そのロボット用の代表的なシステムが「ROS」です。産業用ロボットがどのような仕組みで動いているのか、システムの視点から簡単にご説明します。

物流工場を自動化する搬送ロボットとは。タイプ別の特徴や導入事例

物流工場を自動化する搬送ロボットとは。タイプ別の特徴や導入事例

労働力不足を改善するため、そして安定したパフォーマンスを希望する声から、導入が進む産業用ロボット。近年、需要増加や作業の負担が大きいために従業員が思うように集まらない物流業界では、製品の搬送を担う「搬送ロボット」の需要が高まっています。今回は搬送ロボットの需要が高まった時代背景や導入するメリット、ロボットのタイプだけでなく、実際の導入事例もご紹介します。

中小企業のロボット導入が可能になった背景や事例をわかりやすく解説

中小企業のロボット導入が可能になった背景や事例をわかりやすく解説

中小企業は、金銭的コストなどの面から、実際にロボットを導入するのは難しいのでは?と考えている方もいるかもしれません。現在は、ロボットの低価格化や補助金制度の整備が進み、以前よりも中小企業がロボットを導入しやすくなっているのです。今回は、中小企業でも産業用ロボットを導入しやすくなった要因である「低価格化」や「補助金制度」を解説した上で、実際の導入事例をご紹介します。

生活や仕事への影響は?ロボットが未来で果たす役割とは

生活や仕事への影響は?ロボットが未来で果たす役割とは

ロボットがこれほど必要とされている理由は、日本社会が抱える「人口減少」や「超高齢社会」といった課題が深刻化しているからです。その解決策としてロボットに大きな期待が寄せられています。ロボットはこれからの社会でどんな役割を果たすのでしょうか。今回は、近い未来に期待されているロボットの効果を解説します。

産業用ロボットの事故件数が増加中。事例と責任の所在を解説

産業用ロボットの事故件数が増加中。事例と責任の所在を解説

多くの恩恵をもたらす産業用ロボットですが、運用を誤ってしまうと深刻な人災を招いてしまいます。ロボットを安全かつ効果的に運用するためには、経営者には保守運用や定期的なメンテナンス、また取り扱いに関する教育など、さまざまな配慮が求められます。今回は、産業用ロボットで発生した事故事例や、その責任はどこにあるのかなどを解説します。

小スペースで高難度の作業ができる。双腕ロボットのメリットと事例を紹介

小スペースで高難度の作業ができる。双腕ロボットのメリットと事例を紹介

今回は、近年新しく開発されて普及が進んでいる「双腕ロボット」についてご紹介します。人間のような2本のアームを持ち、精密で繊細な作業が繰り返し行えるロボットとして、大手のロボットメーカーが開発を進め、注目を集めているロボットです。そこで今回は、双腕ロボットのメリットやこれまでのロボットとの違い、実際の事例などを具体的に解説します。

ロボット導入に立ちはだかる『100点の壁』

ロボット導入に立ちはだかる『100点の壁』

ロボット導入のご相談をお伺いした際に、他企業から「ロボットで対応するのは難しい」と言われたとお聞きするケースがあります。いったいどうしてなのか?それには、『100点の壁』と呼ばれるものがあるからなのです。今回は、そのロボット導入に立ちはだかる『100点の壁』についてご紹介します。

人気記事

会社が遵守すべき「労働安全衛生法」とは?わかりやすく説明

会社が遵守すべき「労働安全衛生法」とは?わかりやすく説明

労働者を守る仕組みのひとつが「労働安全衛生法」です。この法律には、会社による健全な作業環境の提供と労働者を守ることが定められており、働いている全員が必ず遵守しなければなりません。事業者は労働安全衛生法を正しく理解しておく必要があります。今回は、労働安全衛生法についてわかりやすく解説します。

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

工場の課題解決や生産性向上の取り組みを行う際、取り組むべき課題に目星を付ける「現状把握」が最も重要です。企業としては、悪影響を及ぼすすべての要因を解決したいかもしれませんが、限られた人員や時間の中で、最大限の効果を得るためには、やはり要因の見極めが肝心です。今回は、影響の大きい要因を発見するサポートをしてくれる「特性要因図」についてご紹介します。

人気記事一覧へ

株式会社アウトソーシングテクノロジー プロダクトソリューション部

産業用ロボットの導入について、コンサルティングから実際の導入、保守・運用までを幅広くサポート。
工場の自動化、最適化、生産性向上などさまざまなニーズにお応えしています。