記事一覧

導入コストの記事一覧

【2019年版】産業用ロボット導入をサポートする行政の全制度まとめ

産業用ロボットを導入するときに知っておきたいのは、一定の条件を満たした企業が対象になる補助金制度です。政府主導の制度だけでなく、地方の各自治体もそれぞれ独自の制度を定めています。今回は、産業用ロボットの導入をサポートしてくれる補助金制度をまとめて紹介します。

ロボットシステムインテグレータとは?導入プロセスや補助金を紹介

産業用ロボットを導入する多くの企業は、ロボット導入の専門家「ロボットシステムインテグレータ」にサポートを受けています。今回は、ロボットシステムインテグレータの具体的なサポート内容、良い企業を選ぶポイント、ロボット導入時の補助金制度について、ご紹介します。

産業用ロボットの耐用年数は?固定資産の減価償却を正しく理解する

企業が資産を購入したときは、その費用を一括で計上するのではなく、購入資産の「耐用年数」に応じた期間に分けて計上する「減価償却」という方法を用います。企業が産業用ロボットを導入する際の計上方法も、減価償却です。そこで今回は、耐用年数と減価償却それぞれを解説に加え、産業用ロボットの耐用年数もご紹介します。

利用期間が判断基準。ロボットリースとレンタルそれぞれのメリット

ロボットを導入する方法は、ロボットを「購入する」だけではありません。産業用ロボットの「リース」や「レンタル」を活用することで、コストを抑えながら導入を実現できます。今回は、ロボット導入にリースとレンタルを活用するメリットをご紹介します。それぞれの特徴を理解して、自社に最も適切な導入方法を選びましょう。

ロボット導入は補助金を活用!知っておきたい受給対象事業と申請時のポイント

工場にロボット導入するためには、本体の費用だけではなく、周辺設備やメンテナンス費用など、なにかとコストがかかります。そんな悩みを解決してくれるのが補助金です。一定の条件を満たした企業を対象に、ロボット導入費用にあてられる公的な補助金が用意されています。今回は、補助金の種類や申請時のポイントをご紹介します。ロボット導入にまつわる補助金について、理解を深めましょう。

リソースの有効活用やコスト削減。ロボットを工場に導入するメリット5選

導入コストの高さや、「ロボットが人の仕事を奪うかもしれない」という不安で、ロボット導入をためらっている企業もあるでしょう。 たしかに、ロボットの導入コストは高く、人の配置を再調整する必要がありますが、それを補って余りあるメリットがあります。そこで今回は、ロボット導入によるメリットをご紹介します。

計画をスムーズに進めてコスト削減。ロボット導入までのフローを徹底解説

製造現場の人手不足や生産性向上など、メリットが山ほどあるロボット導入。しかし実際にロボットを導入するまでには、大きなコストがかかります。しかし、導入までのポイントを理解してスムーズに検討できれば、無駄な負担を省き、コストを最小限に抑えられます。そこで、ロボット導入を検討するときにチェックすべき項目をまとめました。これらのポイントをおさえて、スムーズに検討を進めましょう。

footer_pattern.png

お問い合わせ

産業用ロボットの導入、工場の自動化・最適化に関するご相談・ご質問等はこちらよりお問い合わせください。*必須項目