ロボット導入.comブログ

ロボットに関する最新・お役立ち情報など、様々な情報発信をしています。

導入コストの記事一覧

【2020年度版・随時更新】産業用ロボット導入をサポートする補助金・助成金。「デジタル・ニューディール」の波に乗り遅れないためにも!

【2020年度版・随時更新】産業用ロボット導入をサポートする補助金・助成金。「デジタル・ニューディール」の波に乗り遅れないためにも!

産業用ロボットは品質向上や現場改善、人件費の削減などのメリットが得られる一方、ロボット本体・周辺機器やシステム導入費を含めたイニシャルコストなどの費用は決して安くありません。そこで、経済産業省や各地方自治体をはじめとした、国や行政が施策する補助金制度をご紹介します。

【2019年版】産業用ロボット導入をサポートする行政の全制度まとめ

【2019年版】産業用ロボット導入をサポートする行政の全制度まとめ

産業用ロボットを導入するときに知っておきたいのは、一定の条件を満たした企業が対象になる補助金制度です。政府主導の制度だけでなく、地方の各自治体もそれぞれ独自の制度を定めています。今回は、産業用ロボットの導入をサポートしてくれる補助金制度をまとめて紹介します。

ロボットシステムインテグレータとは?導入プロセスや補助金を紹介

ロボットシステムインテグレータとは?導入プロセスや補助金を紹介

産業用ロボットを導入する多くの企業は、ロボット導入の専門家「ロボットシステムインテグレータ」にサポートを受けています。今回は、ロボットシステムインテグレータの具体的なサポート内容、良い企業を選ぶポイント、ロボット導入時の補助金制度について、ご紹介します。

産業用ロボットの耐用年数は?固定資産の減価償却を正しく理解する

産業用ロボットの耐用年数は?固定資産の減価償却を正しく理解する

企業が資産を購入したときは、その費用を一括で計上するのではなく、購入資産の「耐用年数」に応じた期間に分けて計上する「減価償却」という方法を用います。企業が産業用ロボットを導入する際の計上方法も、減価償却です。そこで今回は、耐用年数と減価償却それぞれを解説に加え、産業用ロボットの耐用年数もご紹介します。

利用期間が判断基準。ロボットリースとレンタルそれぞれのメリット

利用期間が判断基準。ロボットリースとレンタルそれぞれのメリット

ロボットを導入する方法は、ロボットを「購入する」だけではありません。産業用ロボットの「リース」や「レンタル」を活用することで、コストを抑えながら導入を実現できます。今回は、ロボット導入にリースとレンタルを活用するメリットをご紹介します。それぞれの特徴を理解して、自社に最も適切な導入方法を選びましょう。

計画をスムーズに進めてコスト削減。ロボット導入までのフローを徹底解説

計画をスムーズに進めてコスト削減。ロボット導入までのフローを徹底解説

製造現場の人手不足や生産性向上など、メリットが山ほどあるロボット導入。しかし実際にロボットを導入するまでには、大きなコストがかかります。しかし、導入までのポイントを理解してスムーズに検討できれば、無駄な負担を省き、コストを最小限に抑えられます。そこで、ロボット導入を検討するときにチェックすべき項目をまとめました。これらのポイントをおさえて、スムーズに検討を進めましょう。

ロボット導入は補助金を活用!知っておきたい受給対象事業と申請時のポイント

ロボット導入は補助金を活用!知っておきたい受給対象事業と申請時のポイント

工場にロボット導入するためには、本体の費用だけではなく、周辺設備やメンテナンス費用など、なにかとコストがかかります。そんな悩みを解決してくれるのが補助金です。一定の条件を満たした企業を対象に、ロボット導入費用にあてられる公的な補助金が用意されています。今回は、補助金の種類や申請時のポイントをご紹介します。ロボット導入にまつわる補助金について、理解を深めましょう。

リソースの有効活用やコスト削減。ロボットを工場に導入するメリット5選

リソースの有効活用やコスト削減。ロボットを工場に導入するメリット5選

導入コストの高さや、「ロボットが人の仕事を奪うかもしれない」という不安で、ロボット導入をためらっている企業もあるでしょう。 たしかに、ロボットの導入コストは高く、人の配置を再調整する必要がありますが、それを補って余りあるメリットがあります。そこで今回は、ロボット導入によるメリットをご紹介します。

人気記事

会社が遵守すべき「労働安全衛生法」とは?わかりやすく説明

会社が遵守すべき「労働安全衛生法」とは?わかりやすく説明

労働者を守る仕組みのひとつが「労働安全衛生法」です。この法律には、会社による健全な作業環境の提供と労働者を守ることが定められており、働いている全員が必ず遵守しなければなりません。事業者は労働安全衛生法を正しく理解しておく必要があります。今回は、労働安全衛生法についてわかりやすく解説します。

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

工場の課題解決や生産性向上の取り組みを行う際、取り組むべき課題に目星を付ける「現状把握」が最も重要です。企業としては、悪影響を及ぼすすべての要因を解決したいかもしれませんが、限られた人員や時間の中で、最大限の効果を得るためには、やはり要因の見極めが肝心です。今回は、影響の大きい要因を発見するサポートをしてくれる「特性要因図」についてご紹介します。

人気記事一覧へ

株式会社アウトソーシングテクノロジー プロダクトソリューション部

産業用ロボットの導入について、コンサルティングから実際の導入、保守・運用までを幅広くサポート。
工場の自動化、最適化、生産性向上などさまざまなニーズにお応えしています。

送信中です

ご入力内容を送信中です。
しばらくそのままでお待ちください。