ロボット導入.comブログ

ロボットに関する最新・お役立ち情報など、様々な情報発信をしています。

安全性・教育の記事一覧

産業用ロボットの事故や故障を防ぐ。定期的なメンテナンスの必要性を解説

産業用ロボットの事故や故障を防ぐ。定期的なメンテナンスの必要性を解説

産業用ロボットも機械である以上、絶対に故障しないわけではありません。大切に扱っていても、機械には、経年劣化による動作不良や不慮の故障はつきものです。産業用ロボットも機械のひとつ。長く安全に活用するためには、定期的なメンテナンスが必要になります。今回は、産業用ロボットをメンテナンスする必要性についてご紹介します。

事故を起こさないために。産業用ロボットの危険性と安全対策を正しく理解しよう

事故を起こさないために。産業用ロボットの危険性と安全対策を正しく理解しよう

産業用ロボットを扱うときは、充分な注意が必要です。動作中の産業用ロボットと人が接触してしまった場合、大きな事故につながる可能性があります。こうした事故を防ぐために、産業用ロボットを導入するためには、定められた安全対策を施す必要があります。今回は、産業用ロボットを適切に扱うための安全対策について、理解を深めましょう。

常に安全への配慮を。産業用ロボットの業務に特別教育が必要な理由

常に安全への配慮を。産業用ロボットの業務に特別教育が必要な理由

ロボットによる事故被害を防ぐため、工場は一定の安全基準を満たさなければ産業用ロボットを導入できません。工場がロボットを導入するためには、定められた安全対策を施したり、ロボットを扱うための特別教育を受けたりする必要があります。今回は、産業用ロボットの危険性と、その危険を回避するために知っておくべきことをご紹介します。

人気記事

マシニングセンタ(MC)とは?NC工作機械との違いや効果的な活用方法

マシニングセンタ(MC)とは?NC工作機械との違いや効果的な活用方法

近年、需要が高まっている産業用ロボット。中でもマシニングセンタは複雑な加工でも手間をかけずに一台で済ませることができ、業務効率の改善、人件費の削減が見込めます。今回は、マシニングセンタがNC工作機械と異なる点や、種類と構造、導入するメリットなどを紹介。

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

工場の課題解決や生産性向上の取り組みを行う際、取り組むべき課題に目星を付ける「現状把握」が最も重要です。企業としては、悪影響を及ぼすすべての要因を解決したいかもしれませんが、限られた人員や時間の中で、最大限の効果を得るためには、やはり要因の見極めが肝心です。今回は、影響の大きい要因を発見するサポートをしてくれる「特性要因図」についてご紹介します。

人気記事一覧へ

株式会社アウトソーシングテクノロジー プロダクトソリューション部

産業用ロボットの導入について、コンサルティングから実際の導入、保守・運用までを幅広くサポート。
工場の自動化、最適化、生産性向上などさまざまなニーズにお応えしています。

送信中です

ご入力内容を送信中です。
しばらくそのままでお待ちください。