ロボット導入.comブログ

ロボットに関する最新・お役立ち情報など、様々な情報発信をしています。

安全性・教育の記事一覧

ポカヨケを徹底するためには?事例とともに解説

ポカヨケを徹底するためには?事例とともに解説

ポカヨケとは、製造ラインの工程内に設置し、作業者のミス(ポカ)を避ける(ヨケる)ための装置や仕組みです。製造現場にとって、ミスは顧客との信頼を壊すだけに留まらず、製品の性質によっては人命にかかわる事態を引き起こす可能性もあります。本記事では「ポカヨケ」について、事例を交えて解説します。

【法律・お金・実務】産業用ロボットの導入に最低限必要な知識まとめ

【法律・お金・実務】産業用ロボットの導入に最低限必要な知識まとめ

産業用ロボットは多くのメリットをもたらしますが、法律や費用、従業員への安全対策といった事前に知っておくべき物事も多く、興味は持っているものの検討段階にまで至っていない方もいるかもしれません。そこで今回は、産業用ロボットの導入を検討する前に最低限押さえておくべき代表的な知識を「法律」「お金」「実務」の面に分けて簡単にご紹介します。

国際基準を日本語訳した規格。ISOとJISの違いを解説

国際基準を日本語訳した規格。ISOとJISの違いを解説

労働力の確保や作業効率の向上に向け、産業用ロボットの導入を検討している企業が年々増加しています。ロボットの導入にともない怠ってはいけないのが、作業員の安全を確保するためのルール、「労働安全衛生法」や「労働安全規則」の遵守です。作業員の命を守るためには、こうした法律や規則の遵守は当然ですが、ISOやJISといった安全規格の理解と徹底が必要です。今回は、ISOとJISについて、基礎知識や違い、定められた背景について解説します。

産業用ロボットを利用する時の安全基準。「労働安全衛生規則」を解説

産業用ロボットを利用する時の安全基準。「労働安全衛生規則」を解説

ひとつの目標に向かって共に働いている従業員たちも、一人ひとり考え方や行動は異なります。作業手順が決まっていなければ、担当者の考え方や経験次第で手順が変わってしまいます。『労働安全衛生規則』には、産業用ロボットを利用するときのルールが定められています。今回は、産業用ロボットを利用する際に必ず理解しておかなければならない『労働安全衛生規則』について解説します。

会社が遵守すべき「労働安全衛生法」とは?わかりやすく説明

会社が遵守すべき「労働安全衛生法」とは?わかりやすく説明

労働者を守る仕組みのひとつが「労働安全衛生法」です。この法律には、会社による健全な作業環境の提供と労働者を守ることが定められており、働いている全員が必ず遵守しなければなりません。事業者は労働安全衛生法を正しく理解しておく必要があります。今回は、労働安全衛生法についてわかりやすく解説します。

産業用ロボットの事故件数が増加中。事例と責任の所在を解説

産業用ロボットの事故件数が増加中。事例と責任の所在を解説

多くの恩恵をもたらす産業用ロボットですが、運用を誤ってしまうと深刻な人災を招いてしまいます。ロボットを安全かつ効果的に運用するためには、経営者には保守運用や定期的なメンテナンス、また取り扱いに関する教育など、さまざまな配慮が求められます。今回は、産業用ロボットで発生した事故事例や、その責任はどこにあるのかなどを解説します。

産業用ロボットの作業には資格が必須。特別教育の講座内容も解説

産業用ロボットの作業には資格が必須。特別教育の講座内容も解説

産業用ロボットを取り扱う場合、十分な知識や技術を習得したことを証明する資格の取得が法律で義務付けられています。では、資格はどのようなステップを踏めば取得することができるのでしょうか。今回は、産業用ロボットにまつわる資格についてご紹介します。

【資格取得が必須】産業用ロボットの主なティーチング方法4選

【資格取得が必須】産業用ロボットの主なティーチング方法4選

産業用ロボットを動かすためには、ロボットがどのように動くかプログラミングを施す「ティーチング」と呼ばれる作業が必須です。ティーチングにかかるコストや人件費は、産業用ロボットを導入する上で見逃せません。今回は、産業用ロボットを稼働させるうえで欠かせない「ティーチング」にスポットを当てて解説します。

人気記事

マシニングセンタ(MC)とは?NC工作機械との違いや効果的な活用方法

マシニングセンタ(MC)とは?NC工作機械との違いや効果的な活用方法

近年、需要が高まっている産業用ロボット。中でもマシニングセンタは複雑な加工でも手間をかけずに一台で済ませることができ、業務効率の改善、人件費の削減が見込めます。今回は、マシニングセンタがNC工作機械と異なる点や、種類と構造、導入するメリットなどを紹介。

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

工場の課題解決や生産性向上の取り組みを行う際、取り組むべき課題に目星を付ける「現状把握」が最も重要です。企業としては、悪影響を及ぼすすべての要因を解決したいかもしれませんが、限られた人員や時間の中で、最大限の効果を得るためには、やはり要因の見極めが肝心です。今回は、影響の大きい要因を発見するサポートをしてくれる「特性要因図」についてご紹介します。

人気記事一覧へ

株式会社アウトソーシングテクノロジー プロダクトソリューション部

産業用ロボットの導入について、コンサルティングから実際の導入、保守・運用までを幅広くサポート。
工場の自動化、最適化、生産性向上などさまざまなニーズにお応えしています。

送信中です

ご入力内容を送信中です。
しばらくそのままでお待ちください。