記事一覧

基礎知識の記事一覧

上手に活用して競争優位を確立する。産業用ロボットの最新技術

産業用ロボットロボットメーカーの開発競争が激化し、最新ロボットの性能が飛躍的に向上しているなか、現在はどのような最新技術が搭載されるようになったのでしょうか。今回は、産業用ロボットの最新技術と、その技術がもたらすメリットについてご紹介します。

中小企業のロボット導入が可能になった背景や事例をわかりやすく解説

中小企業は、金銭的コストなどの面から、実際にロボットを導入するのは難しいのでは?と考えている方もいるかもしれません。現在は、ロボットの低価格化や補助金制度の整備が進み、以前よりも中小企業がロボットを導入しやすくなっているのです。今回は、中小企業でも産業用ロボットを導入しやすくなった要因である「低価格化」や「補助金制度」を解説した上で、実際の導入事例をご紹介します。

生活や仕事への影響は?ロボットが未来で果たす役割とは

ロボットがこれほど必要とされている理由は、日本社会が抱える「人口減少」や「超高齢社会」といった課題が深刻化しているからです。その解決策としてロボットに大きな期待が寄せられています。ロボットはこれからの社会でどんな役割を果たすのでしょうか。今回は、近い未来に期待されているロボットの効果を解説します。

ロボットシステムインテグレータとは?導入プロセスや補助金を紹介

産業用ロボットを導入する多くの企業は、ロボット導入の専門家「ロボットシステムインテグレータ」にサポートを受けています。今回は、ロボットシステムインテグレータの具体的なサポート内容、良い企業を選ぶポイント、ロボット導入時の補助金制度について、ご紹介します。

産業用ロボットの事故件数が増加中。事例と責任の所在を解説

多くの恩恵をもたらす産業用ロボットですが、運用を誤ってしまうと深刻な人災を招いてしまいます。ロボットを安全かつ効果的に運用するためには、経営者には保守運用や定期的なメンテナンス、また取り扱いに関する教育など、さまざまな配慮が求められます。今回は、産業用ロボットで発生した事故事例や、その責任はどこにあるのかなどを解説します。

産業用ロボットとは?主な5種類や事例、他のロボットとの違いを解説

現在、個人が自動掃除ロボットを購入できるようになるなど、目覚ましいスピードでロボットの普及が進んでいます。また、個人使用だけでなく、法人が使用するロボットの普及も進んでいます。今回は、法人が使用するロボットの中の一つ、産業用ロボットについて解説します。

産業用ロボットの作業には資格が必須。特別教育の講座内容も解説

産業用ロボットを取り扱う場合、十分な知識や技術を習得したことを証明する資格の取得が法律で義務付けられています。では、資格はどのようなステップを踏めば取得することができるのでしょうか。今回は、産業用ロボットにまつわる資格についてご紹介します。

【資格取得が必須】産業用ロボットの主なティーチング方法4選

し産業用ロボットを動かすためには、ロボットがどのように動くかプログラミングを施す「ティーチング」と呼ばれる作業が必須です。ティーチングにかかるコストや人件費は、産業用ロボットを導入する上で見逃せません。今回は、産業用ロボットを稼働させるうえで欠かせない「ティーチング」にスポットを当てて解説します。

産業用ロボットの耐用年数は?固定資産の減価償却を正しく理解する

企業が資産を購入したときは、その費用を一括で計上するのではなく、購入資産の「耐用年数」に応じた期間に分けて計上する「減価償却」という方法を用います。企業が産業用ロボットを導入する際の計上方法も、減価償却です。そこで今回は、耐用年数と減価償却それぞれを解説に加え、産業用ロボットの耐用年数もご紹介します。

協働ロボットのメリットとは?流行の背景や定義などの全知識

一般的な産業用ロボットは、事故を防ぐための安全柵を設置したり、ロボットが活躍するための生産ラインを構築する必要があるなど、中小企業が手軽に取りいれるのは困難でした。こうした産業用ロボットの課題を解決するために、新しく生まれたのが「協働ロボット」です。今回は、協働ロボットと従来の産業用ロボットとの違いや、協働ロボットならではのメリットなどをご紹介します。