記事一覧

基礎知識の記事一覧

急成長する産業用ロボット市場。中国が「世界の工場」と呼ばれるワケ

近年、他国のロボット市場は、日本の成長速度を遥かに上回る勢いで成長しています。中でも、中国は「世界の工場」と呼ばれるほど、注目が集まっています。中国の産業用ロボット市場の現状やIoT・AI化事情、国内メーカーが中国市場に参入する方法についてご紹介します。

ロボット開発に不可欠なオープンソースソフトウェア『ROS』とは

工場の自動化を助ける産業用ロボット。産業用ロボットを動かすためには、「ティーチング」という教示作業が必要です。ティーチングでは「ロボットの動き方」を設定していますが、そもそもロボットが動くためのシステムも搭載されていなければ、動き方すら設定できません。そのロボット用の代表的なシステムが「ROS」です。産業用ロボットがどのような仕組みで動いているのか、システムの視点から簡単にご説明します。

化粧品市場にも進出する産業用ロボット。業界の課題と普及への道

産業用ロボットの導入により、作業効率化や人件費のスリム化を実現している企業が増加しています。一方で、これまで人の手で行っていた作業をロボットに代替させることが難しく、導入がなかなか進まない分野が残っていることも事実です。産業用ロボットの導入がひとつの課題となっている化粧品市場に注目し、化粧品市場の現状と産業用ロボット導入の事例をご紹介します。

国際基準を日本語訳した規格。ISOとJISの違いを解説

労働力の確保や作業効率の向上に向け、産業用ロボットの導入を検討している企業が年々増加しています。ロボットの導入にともない怠ってはいけないのが、作業員の安全を確保するためのルール、「労働安全衛生法」や「労働安全規則」の遵守です。作業員の命を守るためには、こうした法律や規則の遵守は当然ですが、ISOやJISといった安全規格の理解と徹底が必要です。今回は、ISOとJISについて、基礎知識や違い、定められた背景について解説します。

産業用ロボットは食品業界で活躍できる?普及への課題と導入事例

近年、深刻な社会問題として挙げられている、労働人口減少への対応策として、産業用ロボットの導入を検討する企業が増加しています。しかし数ある業界の中でも、食品や医薬品、化粧品の生産において、産業用ロボットの導入が遅れていることはご存知でしょうか。今回はその中でも「食品業界」に注目し、産業用ロボットの導入に関する課題や導入のメリット、参考となる事例にご紹介します。

市場規模は2035年までに5倍に。産業用ロボット業界の成長見込み

現在、国内外で注目を浴びている産業用ロボット。産業用ロボットによる作業自動化の波は、日本だけでなく世界でも広がっています。産業用ロボットの世界販売台数は、2011年から2016年にかけて毎年平均14%ずつ増加しているとの報告も。今回の記事では、国内や海外の産業用ロボット業界の動向やこれからの成長性、期待が寄せられているロボットの種類などを解説します。

産業用ロボットを利用する時の安全基準。「労働安全衛生規則」を解説

ひとつの目標に向かって共に働いている従業員たちも、一人ひとり考え方や行動は異なります。作業手順が決まっていなければ、担当者の考え方や経験次第で手順が変わってしまいます。『労働安全衛生規則』には、産業用ロボットを利用するときのルールが定められています。今回は、産業用ロボットを利用する際に必ず理解しておかなければならない『労働安全衛生規則』について解説します。

基礎知識
2018/11/05
アメリカで生まれ日本の高度経済成長を支えた。産業用ロボットの歴史

人手不足を補い、生産性を向上させるメリットのある産業用ロボットは製造業界に浸透つつあります。しかし現在にいたるまで、産業用ロボットの普及は決して順風満帆とはいえませんでした。今回は産業用ロボットの歴史に注目し、これまでの軌跡を振り返ります。

産業用ロボットを導入する時に知っておくべき法律や規則の全知識

現場で働く労働者の健康を守りつつ高い生産性を発揮するために、産業用ロボットの導入や使用には、さまざまな法律や規則が定められています。今回は、産業用ロボットの導入を検討している人が知っておくべき法律や規則などのルールをご紹介します。

会社が遵守すべき「労働安全衛生法」とは?わかりやすく説明

労働者を守る仕組みのひとつが「労働安全衛生法」です。この法律には、会社による健全な作業環境の提供と労働者を守ることが定められており、働いている全員が必ず遵守しなければなりません。事業者は労働安全衛生法を正しく理解しておく必要があります。今回は、労働安全衛生法についてわかりやすく解説します。