ロボット導入.comブログ

ロボットに関する最新・お役立ち情報など、様々な情報発信をしています。

基礎知識の記事一覧

IoTの基礎知識と製造業での活用メリット・課題を徹底解説

IoTの基礎知識と製造業での活用メリット・課題を徹底解説

国内IoTの市場規模は右肩上がりに成長し、2023年には11兆7915円にも上ると予想されています。国内主要産業のうちIoTへの支出額が突出しているのが製造業です。今回はIoTの基礎知識から、期待が高まっている製造業でのIoT推進背景、活用メリット、課題までを徹底解説します。

コンカレント・エンジニアリングはなぜ実現可能なのか。事例とともに解説

コンカレント・エンジニアリングはなぜ実現可能なのか。事例とともに解説

コンカレント・エンジニアリングとは、企画・設計などの上流工程と、製造・試験などの下流工程を同時並行的に実施し、開発プロセスを可能な限り短縮化する手法です。初期段階での設計最適化や十分な品質保証、開発スピード向上に低コスト化など、成功すれば非常に質の高い製品開発を可能にします。本記事では必要な技術や考え方、メリット・デメリット、事例を解説します。

ポカヨケを徹底するためには?事例とともに解説

ポカヨケを徹底するためには?事例とともに解説

ポカヨケとは、製造ラインの工程内に設置し、作業者のミス(ポカ)を避ける(ヨケる)ための装置や仕組みです。製造現場にとって、ミスは顧客との信頼を壊すだけに留まらず、製品の性質によっては人命にかかわる事態を引き起こす可能性もあります。本記事では「ポカヨケ」について、事例を交えて解説します。

CAD/CAM(キャドカム)で工作機械を制御する

CAD/CAM(キャドカム)で工作機械を制御する

CAD/CAMとは、コンピュータ支援による設計システム「CAD」とコンピュータ支援による製造システム「CAM」の総称です。今回はCADとCAMについての特色や機能に加えて、関連技術である「CAE」について詳しく解説します。

OPC UAはインダストリー4.0時代の新規格。特徴や導入事例を紹介

OPC UAはインダストリー4.0時代の新規格。特徴や導入事例を紹介

OPC UAとは、産業用アプリケーション間の相互運用について取り決めた国際標準のソフトウェア通信規格です。近年注目されているスマートファクトリーやインダストリー4.0を実現するため、ドイツを中心に普及を進めています。今回は、OPC UAが持つ3つの技術的特徴や、実際の生産現場への導入事例について解説します。

製造物責任法(PL法)とは?2020年民法改正による変更点も解説

製造物責任法(PL法)とは?2020年民法改正による変更点も解説

製造物責任法(PL法)とは、製品の欠陥が原因で、人の生命や身体、財産に損害が生じた場合、損害賠償を求められる法律です。だからこそ、製造業に従事している方は知っておく必要があります。今回は製造物責任法の定義や要件、事例に加え、民法改正による変更点も紹介します。

RFP(提案依頼書)を作成して産業用ロボットの導入をスムーズに

RFP(提案依頼書)を作成して産業用ロボットの導入をスムーズに

産業用ロボット導入を検討する担当者にとって、ロボットSIerへの依頼はイメージが湧きづらいものです。ロボットSIerへ依頼する際には「RFP」という文書を作成すると提案がスムーズになります。今回はRFPの必要性や作成するメリット、作成時の手順と押さえておくべきポイントについてご紹介します。

製造実行システム・MESとは?導入のメリットや事例、ERPとの違い

製造実行システム・MESとは?導入のメリットや事例、ERPとの違い

製造工程の把握や管理、作業者への指示や支援などを行うMES」。生産管理システムの導入など、デジタル化に移行してもあまり効果が見られない、といった悩みを解決する情報システムです。 今回は、MESの機能や、混同しがちなシステムERPとの違いを含め、そのメリットや事例を紹介します。

人気記事

会社が遵守すべき「労働安全衛生法」とは?わかりやすく説明

会社が遵守すべき「労働安全衛生法」とは?わかりやすく説明

労働者を守る仕組みのひとつが「労働安全衛生法」です。この法律には、会社による健全な作業環境の提供と労働者を守ることが定められており、働いている全員が必ず遵守しなければなりません。事業者は労働安全衛生法を正しく理解しておく必要があります。今回は、労働安全衛生法についてわかりやすく解説します。

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

工場の課題解決や生産性向上の取り組みを行う際、取り組むべき課題に目星を付ける「現状把握」が最も重要です。企業としては、悪影響を及ぼすすべての要因を解決したいかもしれませんが、限られた人員や時間の中で、最大限の効果を得るためには、やはり要因の見極めが肝心です。今回は、影響の大きい要因を発見するサポートをしてくれる「特性要因図」についてご紹介します。

人気記事一覧へ

株式会社アウトソーシングテクノロジー プロダクトソリューション部

産業用ロボットの導入について、コンサルティングから実際の導入、保守・運用までを幅広くサポート。
工場の自動化、最適化、生産性向上などさまざまなニーズにお応えしています。

送信中です

ご入力内容を送信中です。
しばらくそのままでお待ちください。