ロボット導入.comブログ

ロボットに関する最新・お役立ち情報など、様々な情報発信をしています。

ロボットの種類・特徴の記事一覧

NC工作機械とは?数値によるコントロールで作業を自動化

NC工作機械とは?数値によるコントロールで作業を自動化

近年、製造現場では機械による作業の自動化が進んでいます。中でも、金属の切削や穴あけなどの危険がともなう加工を自動で行うNC工作機械は、安全性の向上や業務効率の改善、人件費の削減などが見込めます。今回は、NC工作機械の機能や、従来の汎用工作機械との違いを明確にしながらその特徴や近年の動向を紹介します。

マシニングセンタ(MC)とは?NC工作機械との違いや効果的な活用方法

マシニングセンタ(MC)とは?NC工作機械との違いや効果的な活用方法

近年、需要が高まっている産業用ロボット。中でもマシニングセンタは複雑な加工でも手間をかけずに一台で済ませることができ、業務効率の改善、人件費の削減が見込めます。今回は、マシニングセンタがNC工作機械と異なる点や、種類と構造、導入するメリットなどを紹介。

物流工場を自動化する搬送ロボットとは。タイプ別の特徴や導入事例

物流工場を自動化する搬送ロボットとは。タイプ別の特徴や導入事例

労働力不足を改善するため、そして安定したパフォーマンスを希望する声から、導入が進む産業用ロボット。近年、需要増加や作業の負担が大きいために従業員が思うように集まらない物流業界では、製品の搬送を担う「搬送ロボット」の需要が高まっています。今回は搬送ロボットの需要が高まった時代背景や導入するメリット、ロボットのタイプだけでなく、実際の導入事例もご紹介します。

産業用ロボットとは?主な5種類や事例、他のロボットとの違いを解説

産業用ロボットとは?主な5種類や事例、他のロボットとの違いを解説

現在、個人が自動掃除ロボットを購入できるようになるなど、目覚ましいスピードでロボットの普及が進んでいます。また、個人使用だけでなく、法人が使用するロボットの普及も進んでいます。今回は、法人が使用するロボットの中の一つ、産業用ロボットについて解説します。

小スペースで高難度の作業ができる。双腕ロボットのメリットと事例を紹介

小スペースで高難度の作業ができる。双腕ロボットのメリットと事例を紹介

今回は、近年新しく開発されて普及が進んでいる「双腕ロボット」についてご紹介します。人間のような2本のアームを持ち、精密で繊細な作業が繰り返し行えるロボットとして、大手のロボットメーカーが開発を進め、注目を集めているロボットです。そこで今回は、双腕ロボットのメリットやこれまでのロボットとの違い、実際の事例などを具体的に解説します。

協働ロボットのメリットとは?流行の背景や定義などの全知識

協働ロボットのメリットとは?流行の背景や定義などの全知識

一般的な産業用ロボットは、事故を防ぐための安全柵を設置したり、ロボットが活躍するための生産ラインを構築する必要があるなど、中小企業が手軽に取りいれるのは困難でした。こうした産業用ロボットの課題を解決するために、新しく生まれたのが「協働ロボット」です。今回は、協働ロボットと従来の産業用ロボットとの違いや、協働ロボットならではのメリットなどをご紹介します。

組み立て作業が得意!水平多関節ロボットの歴史やメリット、事例を全て紹介

組み立て作業が得意!水平多関節ロボットの歴史やメリット、事例を全て紹介

いくつかの種類がある産業用ロボットのうち、自動組み立て作業に適しているのが水平多関節ロボットです。日本で開発されたシンプルな構造のロボットで、通称スカラロボット。全世界で活用されているロボットの一つです。では、水平多関節ロボットはどのように生まれ、どのように使われているのでしょうか。構造や特徴、メリットなどを具体的な導入事例とともに解説します。

人気記事

会社が遵守すべき「労働安全衛生法」とは?わかりやすく説明

会社が遵守すべき「労働安全衛生法」とは?わかりやすく説明

労働者を守る仕組みのひとつが「労働安全衛生法」です。この法律には、会社による健全な作業環境の提供と労働者を守ることが定められており、働いている全員が必ず遵守しなければなりません。事業者は労働安全衛生法を正しく理解しておく必要があります。今回は、労働安全衛生法についてわかりやすく解説します。

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

工場の課題解決や生産性向上の取り組みを行う際、取り組むべき課題に目星を付ける「現状把握」が最も重要です。企業としては、悪影響を及ぼすすべての要因を解決したいかもしれませんが、限られた人員や時間の中で、最大限の効果を得るためには、やはり要因の見極めが肝心です。今回は、影響の大きい要因を発見するサポートをしてくれる「特性要因図」についてご紹介します。

人気記事一覧へ

株式会社アウトソーシングテクノロジー プロダクトソリューション部

産業用ロボットの導入について、コンサルティングから実際の導入、保守・運用までを幅広くサポート。
工場の自動化、最適化、生産性向上などさまざまなニーズにお応えしています。

送信中です

ご入力内容を送信中です。
しばらくそのままでお待ちください。