記事一覧

ピックアップの記事一覧

品質管理の4Mとは?変更管理の方法や5M+1や6Mとの違い

製造業では、製品の品質を守ることが、顧客満足度を高めます。製造ラインに問題が発生して品質に悪影響が出ないよう、さまざまな観点から管理する「品質管理」は非常に重要な仕事です。今回は、「品質管理」を行う上で押さえておくべき「4Mと変更管理」について解説します。

製造業が直面する2つの課題。ものづくり産業が再起するための解決策

日本のものづくり産業は、以前とは異なり衰退を見せつつあります。その背景には、低コストを可能にする新興国の台頭、日本国内の労働力人口の減少をはじめとしたさまざまな課題がありました。それらの課題を解決するための方法はあるのか。今回は危機を迎えつつある日本のものづくり産業に注目し、その課題や解決策について解説します。

労働力人口減少やスキル不足。製造業が直面する人手不足。その根本的な原因と対策

製造業では、人手不足が長らく課題とされてきましたが、近年はその傾向がさらに加速しています。今回は、社会全体と製造業界の両視点から、人手不足の原因と対策について解説します。

産業用ロボットの予算は?最適な導入プランを検討するための計算方法

導入を検討していても、「実際にどのくらいのお金がかかるのか」「投資金額をどのくらいの期間で回収できるのか」がわからなければ、実際に意思決定するのは難しいでしょう。今回は、産業用ロボットを導入する際にかかる金額の目安や、投資金額を回収するまでの期間を試算する方法などを解説します。

【法律・お金・実務】産業用ロボットの導入に最低限必要な知識まとめ

産業用ロボットは多くのメリットをもたらしますが、法律や費用、従業員への安全対策といった事前に知っておくべき物事も多く、興味は持っているものの検討段階にまで至っていない方もいるかもしれません。そこで今回は、産業用ロボットの導入を検討する前に最低限押さえておくべき代表的な知識を「法律」「お金」「実務」の面に分けて簡単にご紹介します。

市場規模は2035年までに5倍に。産業用ロボット業界の成長見込み

現在、国内外で注目を浴びている産業用ロボット。産業用ロボットによる作業自動化の波は、日本だけでなく世界でも広がっています。産業用ロボットの世界販売台数は、2011年から2016年にかけて毎年平均14%ずつ増加しているとの報告も。今回の記事では、国内や海外の産業用ロボット業界の動向やこれからの成長性、期待が寄せられているロボットの種類などを解説します。

会社が遵守すべき「労働安全衛生法」とは?わかりやすく説明

労働者を守る仕組みのひとつが「労働安全衛生法」です。この法律には、会社による健全な作業環境の提供と労働者を守ることが定められており、働いている全員が必ず遵守しなければなりません。事業者は労働安全衛生法を正しく理解しておく必要があります。今回は、労働安全衛生法についてわかりやすく解説します。

産業用ロボットの事故件数が増加中。事例と責任の所在を解説

多くの恩恵をもたらす産業用ロボットですが、運用を誤ってしまうと深刻な人災を招いてしまいます。ロボットを安全かつ効果的に運用するためには、経営者には保守運用や定期的なメンテナンス、また取り扱いに関する教育など、さまざまな配慮が求められます。今回は、産業用ロボットで発生した事故事例や、その責任はどこにあるのかなどを解説します。

協働ロボットのメリットとは?流行の背景や定義などの全知識

一般的な産業用ロボットは、事故を防ぐための安全柵を設置したり、ロボットが活躍するための生産ラインを構築する必要があるなど、中小企業が手軽に取りいれるのは困難でした。こうした産業用ロボットの課題を解決するために、新しく生まれたのが「協働ロボット」です。今回は、協働ロボットと従来の産業用ロボットとの違いや、協働ロボットならではのメリットなどをご紹介します。

ロボット導入に立ちはだかる『100点の壁』

ロボット導入のご相談をお伺いした際に、他企業から「ロボットで対応するのは難しい」と言われたとお聞きするケースがあります。いったいどうしてなのか?それには、『100点の壁』と呼ばれるものがあるからなのです。今回は、そのロボット導入に立ちはだかる『100点の壁』についてご紹介します。