ロボット導入.comブログ

ロボットに関する最新・お役立ち情報など、様々な情報発信をしています。

記事一覧(新着順)

組み立て作業が得意!水平多関節ロボットの歴史やメリット、事例を全て紹介

いくつかの種類がある産業用ロボットのうち、自動組み立て作業に適しているのが水平多関節ロボットです。日本で開発されたシンプルな構造のロボットで、通称スカラロボット。全世界で活用されているロボットの一つです。では、水平多関節ロボットはどのように生まれ、どのように使われているのでしょうか。構造や特徴、メリットなどを具体的な導入事例とともに解説します。

常に安全への配慮を。産業用ロボットの業務に特別教育が必要な理由

ロボットによる事故被害を防ぐため、工場は一定の安全基準を満たさなければ産業用ロボットを導入できません。工場がロボットを導入するためには、定められた安全対策を施したり、ロボットを扱うための特別教育を受けたりする必要があります。今回は、産業用ロボットの危険性と、その危険を回避するために知っておくべきことをご紹介します。

なぜ人気?垂直多関節ロボットのメリットと用途を構造から解説

「製造現場が抱える課題を解決できる」と注目が集まる産業用ロボット。産業用ロボットにはいくつかの型があり、それぞれ強みが異なります。垂直多関節ロボットは、現在の製造現場において主流の型です。その垂直多関節ロボットが大幅な進化を遂げており、日本だけでなく世界中の製造業者が垂直多関節ロボットに関心を寄せています。今回は、垂直多関節ロボットに注目が集まっている理由だけでなく、構造やメリット、実際の用途などもご紹介します。

利用期間が判断基準。ロボットリースとレンタルそれぞれのメリット

ロボットを導入する方法は、ロボットを「購入する」だけではありません。産業用ロボットの「リース」や「レンタル」を活用することで、コストを抑えながら導入を実現できます。今回は、ロボット導入にリースとレンタルを活用するメリットをご紹介します。それぞれの特徴を理解して、自社に最も適切な導入方法を選びましょう。

特徴理解が重要!産業用アームロボット4種類のメリットとデメリット

産業用アームロボットにはいくつかの主要な型があります。それぞれの型に異なる特徴があるため、ロボットの導入を検討している場合は、利用目的に合わせた型選びが重要です。そこで今回は、産業用アームロボットのなかでも主要な4種類をご紹介します。ロボットのメリットとデメリットを把握して、導入の検証に活かしましょう。

自動化システムを導入する前に。産業用ロボットの定義と流行の背景を知ろう

産業用ロボットは、人材不足や作業熟練度の差による品質のバラ付きなど、製造業界が抱える課題を包括的に解決してくれる手段として、以前から注目が集まっていました。しかし、2013年以前は大きな成長はなく、広く普及するには至っていませんでした。現在、産業用ロボットの需要が増えているのは何故でしょうか。今回は、産業用ロボットの定義から振り返りつつ、需要が拡大した背景をご紹介します。

ロボット導入は補助金を活用!知っておきたい受給対象事業と申請時のポイント

工場にロボット導入するためには、本体の費用だけではなく、周辺設備やメンテナンス費用など、なにかとコストがかかります。そんな悩みを解決してくれるのが補助金です。一定の条件を満たした企業を対象に、ロボット導入費用にあてられる公的な補助金が用意されています。今回は、補助金の種類や申請時のポイントをご紹介します。ロボット導入にまつわる補助金について、理解を深めましょう。

ロボットによる作業自動化で解決する工場現場の4つの課題

生産性を高める。それはすべての製造業における永遠のテーマです。そして、製造工場には生産性向上のための課題が多く存在します。工場へのロボット導入による作業自動化は、そうした課題の解決策として注目を浴びています。 しかし製造業と言っても、工場によって取り扱う製品は多種多様。作業環境はそれぞれ異なり、抱えている課題も千差万別です。

リソースの有効活用やコスト削減。ロボットを工場に導入するメリット5選

導入コストの高さや、「ロボットが人の仕事を奪うかもしれない」という不安で、ロボット導入をためらっている企業もあるでしょう。 たしかに、ロボットの導入コストは高く、人の配置を再調整する必要がありますが、それを補って余りあるメリットがあります。そこで今回は、ロボット導入によるメリットをご紹介します。

計画をスムーズに進めてコスト削減。ロボット導入までのフローを徹底解説

製造現場の人手不足や生産性向上など、メリットが山ほどあるロボット導入。しかし実際にロボットを導入するまでには、大きなコストがかかります。しかし、導入までのポイントを理解してスムーズに検討できれば、無駄な負担を省き、コストを最小限に抑えられます。そこで、ロボット導入を検討するときにチェックすべき項目をまとめました。これらのポイントをおさえて、スムーズに検討を進めましょう。

人気記事

会社が遵守すべき「労働安全衛生法」とは?わかりやすく説明

労働者を守る仕組みのひとつが「労働安全衛生法」です。この法律には、会社による健全な作業環境の提供と労働者を守ることが定められており、働いている全員が必ず遵守しなければなりません。事業者は労働安全衛生法を正しく理解しておく必要があります。今回は、労働安全衛生法についてわかりやすく解説します。

産業用ロボットの作業には資格が必須。特別教育の講座内容も解説

産業用ロボットを取り扱う場合、十分な知識や技術を習得したことを証明する資格の取得が法律で義務付けられています。では、資格はどのようなステップを踏めば取得することができるのでしょうか。今回は、産業用ロボットにまつわる資格についてご紹介します。

品質管理の4Mとは?変更管理の方法や5M+1や6Mとの違い

製造業では、製品の品質を守ることが、顧客満足度を高めます。製造ラインに問題が発生して品質に悪影響が出ないよう、さまざまな観点から管理する「品質管理」は非常に重要な仕事です。今回は、「品質管理」を行う上で押さえておくべき「4Mと変更管理」について解説します。

市場規模は2035年までに5倍に。産業用ロボット業界の成長見込み

現在、国内外で注目を浴びている産業用ロボット。産業用ロボットによる作業自動化の波は、日本だけでなく世界でも広がっています。産業用ロボットの世界販売台数は、2011年から2016年にかけて毎年平均14%ずつ増加しているとの報告も。今回の記事では、国内や海外の産業用ロボット業界の動向やこれからの成長性、期待が寄せられているロボットの種類などを解説します。

産業用ロボットとは?主な5種類や事例、他のロボットとの違いを解説

現在、個人が自動掃除ロボットを購入できるようになるなど、目覚ましいスピードでロボットの普及が進んでいます。また、個人使用だけでなく、法人が使用するロボットの普及も進んでいます。今回は、法人が使用するロボットの中の一つ、産業用ロボットについて解説します。

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

工場の課題解決や生産性向上の取り組みを行う際、取り組むべき課題に目星を付ける「現状把握」が最も重要です。企業としては、悪影響を及ぼすすべての要因を解決したいかもしれませんが、限られた人員や時間の中で、最大限の効果を得るためには、やはり要因の見極めが肝心です。今回は、影響の大きい要因を発見するサポートをしてくれる「特性要因図」についてご紹介します。