ロボット導入.comブログ

ロボットに関する最新・お役立ち情報など、様々な情報発信をしています。

記事一覧(新着順)

PDPC法で品質管理を徹底する。図の作り方も解説

PDPC法で品質管理を徹底する。図の作り方も解説

PDPC法は問題を事前に予測し、発生した際に対応するための効果的な手法です。製造現場では次々と製品を作っていますが、不測の事態が起こる可能性はゼロではありません。品質を一定に保つためには、問題が発生した際に適切な対応が必要です。今回はPDPC法の活用法、目的や型による違い、図を作成する方法などをご紹介します。

【10月・11月・12月のイベント特集】産業用ロボットが出展されるイベントを一挙ご紹介!

【10月・11月・12月のイベント特集】産業用ロボットが出展されるイベントを一挙ご紹介!

ロボット市場の拡大にあわせ、全国各地でロボットに関連するイベントが開催されるようになってきました。今回は10月・11月・12月に開催されるイベントをご紹介します。イベント内では、最先端技術に触れられるほか、その場で疑問点の解決ができるので導入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

フレキシブル生産システム(FMS)とは?加工も搬送も自動化

フレキシブル生産システム(FMS)とは?加工も搬送も自動化

各工程にかかる作業時間が長い、作業員によって品質に差が出る、といった悩みを抱える製造現場の担当者は少なくないでしょう。あらゆる作業の自動化を図るフレキシブル生産システム(FMS)は、先述した課題の解決に一石を投じます。現在主流になっている多品種少量生産に向いている生産システムです。

【9月18日~9月20日開催】「第2回 名古屋 スマート工場EXPO -IoT/AI/FAによる 製造革新展-」をご紹介!

【9月18日~9月20日開催】「第2回 名古屋 スマート工場EXPO -IoT/AI/FAによる 製造革新展-」をご紹介!

今回は、9月18日(水)から開催される「第2回 名古屋 スマート工場EXPO -IoT/AI/FAによる 製造革新展-」をご紹介します。こちらの展示会は、IoT/AIによる遠隔監視/予兆保全/見える化ソリューション、デジタルツイン、FA/ロボット、生産管理システムなど最新技術が一堂に出展される場です。

【9月18日~9月20日開催】「第2回 名古屋 ロボデックス -ロボット開発・活用展-」をご紹介!

【9月18日~9月20日開催】「第2回 名古屋 ロボデックス -ロボット開発・活用展-」をご紹介!

今回は、9月18日(水)から開催される「第2回 名古屋 ロボデックス -ロボット開発・活用展-」をご紹介します。こちらの展示会は、産業用ロボット・アシストスーツをはじめ、センサシステム・グリッパなどの周辺設備、ロボットの開発技術やAIまでロボットに関する製品・技術が一堂に会する場です。

【9月18日~9月20日開催】「第2回 名古屋 ネプコン ジャパン -エレクトロニクス開発・実装展-」をご紹介!

【9月18日~9月20日開催】「第2回 名古屋 ネプコン ジャパン -エレクトロニクス開発・実装展-」をご紹介!

今回は、9月18日(水)から開催される「第2回 名古屋 ネプコン ジャパン -エレクトロニクス開発・実装展-」をご紹介します。こちらの展示会は、最新技術の導入・比較検討のため、エレクトロニクス、半導体・センサ、電子部品、自動車・電装品、航空・宇宙などのメーカーが集まる場となっています。

人気記事

会社が遵守すべき「労働安全衛生法」とは?わかりやすく説明

会社が遵守すべき「労働安全衛生法」とは?わかりやすく説明

労働者を守る仕組みのひとつが「労働安全衛生法」です。この法律には、会社による健全な作業環境の提供と労働者を守ることが定められており、働いている全員が必ず遵守しなければなりません。事業者は労働安全衛生法を正しく理解しておく必要があります。今回は、労働安全衛生法についてわかりやすく解説します。

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

工場の課題解決や生産性向上の取り組みを行う際、取り組むべき課題に目星を付ける「現状把握」が最も重要です。企業としては、悪影響を及ぼすすべての要因を解決したいかもしれませんが、限られた人員や時間の中で、最大限の効果を得るためには、やはり要因の見極めが肝心です。今回は、影響の大きい要因を発見するサポートをしてくれる「特性要因図」についてご紹介します。

人気記事一覧へ

株式会社アウトソーシングテクノロジー プロダクトソリューション部

産業用ロボットの導入について、コンサルティングから実際の導入、保守・運用までを幅広くサポート。
工場の自動化、最適化、生産性向上などさまざまなニーズにお応えしています。