【2020年度版・随時更新】産業用ロボット導入をサポートする補助金・助成金。「デジタル・ニューディール」の波に乗り遅れないためにも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産業用ロボットを導入して生産工程を自動化すると、品質向上や現場改善、人件費の削減などのメリットが得られます。

その反面、ロボット本体・周辺機器やシステム導入費を含めたイニシャルコストは大きく、コスト面で課題のある企業にとって、産業用ロボットは導入する敷居が高いのも事実です。そこで、経済産業省や各地方自治体をはじめとして、国や行政が施策する補助金制度に注目します。

2019年度補正予算案に関する報道では、人工知能(AI)や次世代通信規格「5G」の導入を進め、経済成長を目指す国家戦略「デジタル・ニューディール」が話題となりました。日本政府は、この戦略の関連予算として9,550億円超を計上する方針を固めており、内訳として中小企業のIT化支援などに3,090億円を充てることも明らかになっています。つまり、産業用ロボット導入を含む生産性向上のための支援が今後盛んになると予想されます。

【最新版】2020年度に活用すべき補助金

2020年以降に押し寄せる「デジタル・ニューディール」の波に乗り遅れないためにも、ロボット導入に補助金を是非とも活用したいところです。今回は、2020年度に開始が予定されている補助金制度をご紹介していきます。

現時点で公開されている制度は以下の通りです。

※順次追加予定

【目次】
  1. ものづくり補助金
  2. IT導入補助金

ものづくり補助金

ものづくり補助金は、経済産業省所管の中小企業基盤整備機構(中小機構)が、2019年度補正予算「中小企業生産性革命推進事業」に基づいて導入する補助事業のひとつです。2020年1月23日に中小企業庁により概要が公表されました。産業用ロボットを導入する場合は、対象経費の「機械装置費」や「技術導入費」が該当します。

申請受付や審査などの作業を受託する団体(事務局)の公募は同年2月14日に終了しており、3月以降から補助金申請の公募が開始となる見込みです。

【共通要綱】

対象者 日本国内に本社及び実施場所を有する中小企業者および特定非営利活動法人
要件
  • 給与⽀給総額が年率平均1.5%以上向上
  • 事業場内最低賃金が地域別最低賃⾦+30円以上
  • 補助対象外事業(※)でないこと
  • ※製造を外注又は委託するファブレス事業など

    【事業型分類別措置内容】

    事業型 概要 補助上限 補助率(※)
    一般型 新製品・新サービス開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資及び試作開発を支援。 1,000万円 中小企業:2分の1 
    小規模事業者:3分の2
    グローバル型 海外事業(海外拠点での活動を含む)の拡大・強化等を目的とした設備投資等の場合、補助上限額を引上げ。 3,000万円 中小企業:2分の1 
    小規模事業者:3分の2
    ビジネスモデル
    構築型
    中小企業30者以上のビジネスモデル構築・事業計画策定のための面的支援プログラムを補助。 1億円 定額

    ※費用内のうち、補助に該当する金額の割合

    IT導入補助金

    IT導入補助金とは、中小企業のIT導入による生産性向上を目的に、景気対策として行われる補助事業です。また、昨今の新型コロナウイルス感染症の経済に与える影響を勘案した臨時の補助事業となります。

    対象となるITシステムはIT導入事業者が提供し、かつ事務局にあらかじめ登録されたITツールが対象です。登録されたIT導入事業者へ相談を行い、適切なITツールを選択する必要があります。

    1次公募の交付申請期間は2020年3月31日で終了していますが、もし逃してしまった場合は公募の続報を待ちましょう。

    【共通要綱】

    補助対象経費区分 ソフトウェア費、導入関連費(※)
    補助率 1/2以内
    補助上限額・下限額 上限額:150万円未満
    下限額:30万円以上
    対象の製造企業 資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社又は
    常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人事業主
    対象外経費 ハードウェア、組み込み系ソフト、スクラッチ開発等

    ※製造業においては、業務固有プロセスの実行や支援を行うソフトウェアや、自動化・分析を行う効率化パッケージソフトが該当し、例えばロボットのリモートティーチングシステムなどは補助対象となる可能性があります。

    導入コストの課題解決へ。定期的なリサーチを

    多くの中小企業にとって、産業用ロボットは導入を検討しても手がでないということも多いでしょう。そうした課題のために行政は支援を行っています。

    今後もさまざまな補助金制度の公開が見込まれます。いつの間にか募集期間が過ぎていた、ということにならないためにも、定期的にリサーチしてみましょう。本記事でも随時更新する予定です。

    関連記事:産業用ロボットの予算は?最適な導入プランを検討するための計算方法

    関連記事 (導入準備)

    記事一覧へ

    事務も自動化、RPA検討しませんか?

    工場の課題解決の専門家 まずはロボットSlerにご相談ください

    ロボット導入.comメールマガジン

    ロボット導入最新情報を、お手元にお届け。無料でお読みいただけますので、ぜひご登録ください。

    株式会社アウトソーシングテクノロジー プロダクトソリューション部

    産業用ロボットの導入について、コンサルティングから実際の導入、保守・運用までを幅広くサポート。
    工場の自動化、最適化、生産性向上などさまざまなニーズにお応えしています。

    送信中です

    ご入力内容を送信中です。
    しばらくそのままでお待ちください。