ロボット導入.comブログ

ロボットに関する最新・お役立ち情報など、様々な情報発信をしています。

記事一覧(新着順)

デザインレビューとは?各工程前の効果的なチェック方法について解説

デザインレビューとは?各工程前の効果的なチェック方法について解説

デザインレビューとは、設計書や図面などの成果物を複数の参加者で評価し、製品開発プロセスの節目で次のステップへ進むべきかを判断する活動です。デザインレビューは開発プロジェクトに一貫性を持たせるために重要となります。今回はデザインレビューの基礎知識やメリット、実施タイミングや効果的な運用方法を解説します。

SCADA(スキャダ)とは?一般的なシステムの構成や運用事例を紹介

SCADA(スキャダ)とは?一般的なシステムの構成や運用事例を紹介

SCADAとは、大きな施設やインフラを構成する装置・設備からデータを取得し、ネットワークを通して一か所に集めて管理できるシステムです。ものづくりの現場で動き続ける製造装置を制御・監視する役割をひとつで担うSCADAは、あらゆる産業への導入が進んでいます。今回は、SCADAの基礎知識やスマートファクトリーとの関係、システムを構成する要素、国内の導入事例について解説します。

タグチメソッドとは?品質管理や実験計画法との違いについても解説

タグチメソッドとは?品質管理や実験計画法との違いについても解説

タグチメソッドとは、設計段階における市場で発生する製品の不具合の防止を目的とした工学手法です。生産管理の課題となる品質トラブルを解決する重要な考え方でもあります。今回は、タグチメソッドにおける品質の考え方、品質管理や実験計画法との違い、タグチメソッドが生産管理にもたらすメリットについて解説します。

商品企画7つ道具とは?企画を成功に導く代表的な方法を紹介

商品企画7つ道具とは?企画を成功に導く代表的な方法を紹介

商品企画7つ道具とは、新製品や新サービスを開発する際、顧客のニーズをもとに最適な企画をおこなうための一連の手法です。顧客に訴求できるコンセプトを考え、なおかつ現実的に製造が可能な商品を考えるために役立ちます。今回は、商品企画7つ道具にふくまれる7つの技法について、それぞれの内容やつかうべきポイントについて解説します。

【新QC7つ道具】系統図法で目的と手段を整理

【新QC7つ道具】系統図法で目的と手段を整理

系統図法とは、目的と手段を系統づけ、その体系を枝分かれさせてわかりやすく図式化する手法です。明確になっている課題への改善策を整理するのに役立ち、「新QC七つ道具」として数えられます。今回は、系統図法についての基礎知識やメリット、類似手法との違いや実際の進め方を解説します。

ジェネレーティブデザインとは?人と機械が共同でデザインする技術

ジェネレーティブデザインとは?人と機械が共同でデザインする技術

ジェネレーティブデザインとは、コンピュータによってなにもない状態から最適な製品設計を生み出すことができる技術です。この技術によって、人が頭と時間をつかって設計を行う負担を大幅に軽減することが期待できます。今回は、ジェネレーティブデザインの基礎知識やメリット、活用事例などを解説していきます。

「中国製造2025」とは?現状と今後の展望は

「中国製造2025」とは?現状と今後の展望は

「中国製造2025」とは、中国政府が自国の製造業を発展させるため、2015年7月に打ち出した経済戦略です。世界各国で技術変革が打ち立てられるなか、中国はどのような戦略を立案し、実行しているのでしょうか。今回は「中国製造2025」の計画内容や、戦略立案にいたった歴史的背景、そして現在の動向や日本をふくめた今後の展望について解説します。

製造業で大切な三現主義とは?5ゲン主義まで解説

製造業で大切な三現主義とは?5ゲン主義まで解説

三現主義とは、現場、現物、現実という3つの”現”を重視する考え方です。この考え方は人が感じられる、たしかなものから情報を得ることで、問題の本質をとらえるのに役立ちます。今回は、三現主義の考え方や製造業で必要となる場面、派生型である「5ゲン主義」、実際の企業に学ぶ事例について解説します。

プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)とは?事業の整理に役立つ経営手法について解説

プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)とは?事業の整理に役立つ経営手法について解説

プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)とは、自社が抱える事業をそれぞれ分析して、経営資源を無駄なく分配するために使用する手法です。今回は、プロダクトポートフォリオマネジメントの基礎知識や、4つに分類される事業の特徴、分析に必要な計算のやり方について解説します。

人気記事

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

【図解】特性要因図は課題解決や改善活動に効果的。種類や書き方を解説

工場の課題解決や生産性向上の取り組みを行う際、取り組むべき課題に目星を付ける「現状把握」が最も重要です。企業としては、悪影響を及ぼすすべての要因を解決したいかもしれませんが、限られた人員や時間の中で、最大限の効果を得るためには、やはり要因の見極めが肝心です。今回は、影響の大きい要因を発見するサポートをしてくれる「特性要因図」についてご紹介します。

マシニングセンタ(MC)とは?NC工作機械との違いや効果的な活用方法

マシニングセンタ(MC)とは?NC工作機械との違いや効果的な活用方法

近年、需要が高まっている産業用ロボット。中でもマシニングセンタは複雑な加工でも手間をかけずに一台で済ませることができ、業務効率の改善、人件費の削減が見込めます。今回は、マシニングセンタがNC工作機械と異なる点や、種類と構造、導入するメリットなどを紹介。

人気記事一覧へ

株式会社アウトソーシングテクノロジー プロダクトソリューション部

産業用ロボットの導入について、コンサルティングから実際の導入、保守・運用までを幅広くサポート。
工場の自動化、最適化、生産性向上などさまざまなニーズにお応えしています。

送信中です

ご入力内容を送信中です。
しばらくそのままでお待ちください。