ロボット導入.comブログ

ロボットに関する最新・お役立ち情報など、様々な情報発信をしています。

新着記事

【2019年版】産業用ロボット導入をサポートする行政の全制度まとめ

産業用ロボットを導入するときに知っておきたいのは、一定の条件を満たした企業が対象になる補助金制度です。政府主導の制度だけでなく、地方の各自治体もそれぞれ独自の制度を定めています。今回は、産業用ロボットの導入をサポートしてくれる補助金制度をまとめて紹介します。

News&Topics
2019/02/08
AI活用がカギ!?プログラミング不要のロボットが登場

産業用ロボットの活用領域が拡大する一方で、扱う部品の形状の認識や、その動作のためのプログラミングの複雑化が導入の障壁となっていました。今回の取り組みは、「AI(人工知能)を活用することによってもっと導入しやすくしよう」というもの。AIを活用した学習済みモデルを搭載したことで、立ち上げ時間の短縮と部品の品種変更への柔軟な対応が可能となりました。AIにより部品の認識率の高まったことにより、部品の姿勢に応じた正確なピッキングが可能になり、撮像環境の変化の影響も受けにくくなるなど、さまざまな環境下でロボットを活用できるとのことです。

導入準備
2019/02/04
産業用ロボットの予算は?最適な導入プランを検討するための計算方法

導入を検討していても、「実際にどのくらいのお金がかかるのか」「投資金額をどのくらいの期間で回収できるのか」がわからなければ、実際に意思決定するのは難しいでしょう。今回は、産業用ロボットを導入する際にかかる金額の目安や、投資金額を回収するまでの期間を試算する方法などを解説します。

News&Topics
2019/02/01
新たにサービス分野へのロボット普及が進み、将来市場予測が飛躍的に拡大!

現在、ロボット市場を形成している主な分野である製造分野。従来型産業用ロボットに加え、今後は次世代型産業用ロボットの普及も進むとみられます。また、新しい分野への市場形成もみられ、将来市場は2035年には9.7兆円まで拡大すると予測されています。

【法律・お金・実務】産業用ロボットの導入に最低限必要な知識まとめ

産業用ロボットは多くのメリットをもたらしますが、法律や費用、従業員への安全対策といった事前に知っておくべき物事も多く、興味は持っているものの検討段階にまで至っていない方もいるかもしれません。そこで今回は、産業用ロボットの導入を検討する前に最低限押さえておくべき代表的な知識を「法律」「お金」「実務」の面に分けて簡単にご紹介します。

News&Topics
2019/01/25
産業用ロボット市場、さらなる需要拡大が期待される!

時代は手作業から自動化へと変化を遂げ、産業用ロボット市場は飛躍的な成長ぶりをみせています。なかでも、製造業界のロボット導入は年々安定して伸びており、2025年には単純作業の大部分の自動化が進むのではないかと思われます。

ロボット普及と失業率は比例しない。業務整理と従業員教育が課題に

産業用ロボットを導入すると、現場で働く従業員の中には、「自分の仕事が取って代わられるのではないか」と不安を覚える人もいるかもしれません。しかし、産業用ロボットが普及することで、失業率は本当に上昇するのでしょうか。海外の最新データなどを参考にしながら、ロボット導入と失業リスクの関係について解説します。

「ロボット新戦略」を徹底解説。ロボット大国・日本のこれから

日本では、以前より少子高齢化に伴う労働人口の減少が問題視されています。その解決策として、製造業を中心に産業用ロボットの活用が進んできました。ロボットを普及をより推進すべく、経済産業省は「ロボット新戦略」を公表。今回は、この「ロボット新戦略」について、解説します。

急成長する産業用ロボット市場。中国が「世界の工場」と呼ばれるワケ

近年、他国のロボット市場は、日本の成長速度を遥かに上回る勢いで成長しています。中でも、中国は「世界の工場」と呼ばれるほど、注目が集まっています。中国の産業用ロボット市場の現状やIoT・AI化事情、国内メーカーが中国市場に参入する方法についてご紹介します。

ロボット開発に不可欠なオープンソースソフトウェア『ROS』とは

工場の自動化を助ける産業用ロボット。産業用ロボットを動かすためには、「ティーチング」という教示作業が必要です。ティーチングでは「ロボットの動き方」を設定していますが、そもそもロボットが動くためのシステムも搭載されていなければ、動き方すら設定できません。そのロボット用の代表的なシステムが「ROS」です。産業用ロボットがどのような仕組みで動いているのか、システムの視点から簡単にご説明します。

人気記事

産業用ロボットの作業には資格が必須。特別教育の講座内容も解説

産業用ロボットを取り扱う場合、十分な知識や技術を習得したことを証明する資格の取得が法律で義務付けられています。では、資格はどのようなステップを踏めば取得することができるのでしょうか。今回は、産業用ロボットにまつわる資格についてご紹介します。

スマートファクトリーとは?メリット・デメリットを事例と一緒に解説

工場内の機械とインターネットを接続し、可視化や最適化することを、「スマートファクトリー」と呼び、注目を集めています。製造業界は、IT化と相性がよい産業用ロボットや自動専用機(装置)の普及が進んでおり、ITによる効率化の恩恵を受けやすい業界です。今回は、製造業界でスマートファクトリーが流行した理由だけでなく、メリットやデメリットもご紹介します。

【資格取得が必須】産業用ロボットの主なティーチング方法4選

し産業用ロボットを動かすためには、ロボットがどのように動くかプログラミングを施す「ティーチング」と呼ばれる作業が必須です。ティーチングにかかるコストや人件費は、産業用ロボットを導入する上で見逃せません。今回は、産業用ロボットを稼働させるうえで欠かせない「ティーチング」にスポットを当てて解説します。

特徴理解が重要!産業用アームロボット4種類のメリットとデメリット

産業用アームロボットにはいくつかの主要な型があります。それぞれの型に異なる特徴があるため、ロボットの導入を検討している場合は、利用目的に合わせた型選びが重要です。そこで今回は、産業用アームロボットのなかでも主要な4種類をご紹介します。ロボットのメリットとデメリットを把握して、導入の検証に活かしましょう。

産業用ロボットとは?主な5種類や事例、他のロボットとの違いを解説

現在、個人が自動掃除ロボットを購入できるようになるなど、目覚ましいスピードでロボットの普及が進んでいます。また、個人使用だけでなく、法人が使用するロボットの普及も進んでいます。今回は、法人が使用するロボットの中の一つ、産業用ロボットについて解説します。

協働ロボットのメリットとは?流行の背景や定義などの全知識

一般的な産業用ロボットは、事故を防ぐための安全柵を設置したり、ロボットが活躍するための生産ラインを構築する必要があるなど、中小企業が手軽に取りいれるのは困難でした。こうした産業用ロボットの課題を解決するために、新しく生まれたのが「協働ロボット」です。今回は、協働ロボットと従来の産業用ロボットとの違いや、協働ロボットならではのメリットなどをご紹介します。

footer_pattern.png

お問い合わせ

産業用ロボットの導入、工場の自動化・最適化に関するご相談・ご質問等はこちらよりお問い合わせください。*必須項目